退職に関する覚書



※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

書式の一部抜粋(本文)

退職に関する覚書

株式会社○○○(以下「甲」という。)と、○○○○(以下「乙」という。)は、乙の平成○○年○○月○○日付合意退職につき、以下のとおり合意した。

1 甲は、乙に対し、特別退職金として金○○円を支払うことを確認し、平成○○年○○月○○日までに乙の指定する口座(    銀行    支店 普通        )に、振込にて支払う。振込み手数料については甲の負担とする。
2 乙は、平成  年  月  日までに、甲から交付を受けた全ての資料の原本(顧客の名刺や顧客名簿も含む)及びその複製したものの全て(パソコンや携帯電話内のメモリーも含む)を速やかに甲に返還し、又は廃棄した旨を甲に明らかにしなければならない。
3 甲と乙の間には、一切の紛争が存在しないことを確認し、両者本覚書に定めるほか何らの債権債務が無いことを確認する。
4 甲及び乙は、第三者に対し、本合意の成立及び内容を開示しない。
5 乙は、甲の役員、従業員、顧客又はこれらの者の家族に対し、架電、郵便、訪問その他方法の如何を問わず接触しない。

書式内で注意すべきポイント

注1 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説

新着記事

イラスト 123
2016年5月27日

認知症高齢者の電車死亡事故…賠償責任は誰にある?

少子高齢化社会に突入している日本では、さまざまな問題が山積しています。 そうした中、近年クローズアップされていることのひとつに認知症の高齢者の問題があり... 続きを読む
zeimu3
2016年5月25日

法人税法を利用した役員報酬のインセンティブ制度とは?

役員のモチベーションを上げて、さらには会社にとってもメリットのある、法人税法を利用した役員報酬の決め方はあるでしょうか? 【この記事の監修者者】 讃... 続きを読む
イラスト 122
2016年5月20日

ご用心!チョコレートをあげただけで法律違反!?

政治における金とモノについては、今までにも繰り返しさまざま問題が起きてきました。 公職にある者も有権者も、法律についてしっかりとした知識を身につけて... 続きを読む

無料会員数

無料会員 現在13,425名

ログインフォーム

無料会員の方







契約書作成チェックサービス

顧問弁護士を必要とするなら

プレミアム会員

プレミアム会員詳しくはこちら

アドセンス-1

スポンサードリンク

アドセンス-2