期間の定めのない賃貸借契約で賃貸人から解約予告通知



※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

書式の一部抜粋(本文)

通 知 書
私は、貴殿に対し、期限を定めずに、以下の通り建物を賃借してきました(以下「本件賃貸借契約」といいます。)。
1 契約日  平成○年○月○日
2 物件   所在   東京都○○区○○町○丁目○番地
家屋番号 ○番
種類   居宅
構造   木造瓦葺平屋建
床面積  ○○平方メートル
3 賃料   1か月○万円
4 支払期日 翌月分を毎月末日限り支払う
さて、この度年老いた私の両親を呼び寄せて介護することとなりましたが、私どもの自宅では手狭なため、私宅から徒歩数分である貴殿に賃貸中の上記建物を私どもで使用する必要が生じました。

書式内で注意すべきポイント

注1 本通知は、期間を定めないで建物を貸していた貸主に、建物使用の必要性が生じたので、賃貸借契約の解約を申し入れるものである。
注2 ・・・・・
注3 ・・・・・
注4 ・・・・・
注5 ・・・・・
注6 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



 

新着記事

2017年5月24日

税務調査で役員退職金が否認されないためのポイントとは?

税務調査で役員退職金を否認されないようにするためには、どのような点を注意すればいいのでしょうか? 【この記事の監修者】税理士... 続きを読む
2017年5月17日

税務調査で役員退職金が問題となる場合とは?

役員退職金が税務調査で問題になることがあると聞きました。 役員退職金の金額を決める際の注意点があれば教えてください。 【こ... 続きを読む
2017年5月12日

在宅勤務制度を導入する際の注意点とは?

当社では時代の流れでもあり、在宅勤務制度を導入することを検討しています。 しかし、何を具体的に定めれば足りるのかがよくわかりません。 スムーズに導... 続きを読む

お問い合わせボタン

知らないと損をする助成金活用術






無料会員数

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)




b03