解約合意書(建物賃貸借)



※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

書式の一部抜粋(本文)

解約合意書
賃貸人○○○○(以下「甲」という。)と賃借人○○○○(以下「乙」という。)は、後記物件目録記載の物件について平成○年○月○日に締結した建物賃貸借契約(以下「本件賃貸借契約」という。)を、以下のとおり解約することに合意する。
第1条 甲と乙は、本日、本件賃貸借契約を合意解約した。
第2条 甲は、乙に対し、本件建物の明渡しを、平成○年○月○日まで猶予する。
第3条 第2条の明渡時に乙が本件建物内に残置した動産類があるときは、その所有権を放棄したものとして、甲において任意処分することに、乙は異議がない。
第4条 乙が本件建物の明渡しを遅滞したときは、乙は、甲に対し、第2条記載の明渡日の翌日から明渡済みまで月額○○円の割合による損害金を支払う。
第5条 甲と乙は、本契約書に定めるほか、本件に関し、甲乙間には何らの債権債務のないことを相互に確認する。
本合意成立の証として、本合意書2通を作成し、甲乙相互に署名又は記名・捺印の上、各1通を保有することとする。

書式内で注意すべきポイント

※1 解約の対象となる契約を具体的に特定します。
※2 ・・・・・
※3 ・・・・・
※4 ・・・・・
※5 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



b03  b03

新着記事

2017年1月18日

会社の固定資産を経費にする場合の注意点とは?

節税対策として会社の固定資産を経費にする場合、税務調査ではどのようなところをチェックされるのでしょうか? 【この記事の監修者】税理士法人桜頼... 続きを読む
2017年1月13日

上司からの暴言、土下座強要はパワハラ?それとも犯罪?

近年、職場のいじめ=パワハラに関する報道が増えています。 しかし、どのような行為をするとパワハラになるのか、そしてパワハラが犯罪になる可能性もあるこ... 続きを読む
2017年1月11日

同一労働同一賃金で待遇差が問題になる場合とは?

「同一労働同一賃金」の考え方が重要であることは認識しているのですが、では正規と非正規との間の待遇差について具体的にはどういった場合に「不合理」とされる可能... 続きを読む

お問い合わせボタン

知らないと損をする助成金活用術

無料会員数

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)




b03