解約合意書(建物賃貸借)



※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

書式の一部抜粋(本文)

解約合意書
賃貸人○○○○(以下「甲」という。)と賃借人○○○○(以下「乙」という。)は、後記物件目録記載の物件について平成○年○月○日に締結した建物賃貸借契約(以下「本件賃貸借契約」という。)を、以下のとおり解約することに合意する。
第1条 甲と乙は、本日、本件賃貸借契約を合意解約した。
第2条 甲は、乙に対し、本件建物の明渡しを、平成○年○月○日まで猶予する。
第3条 第2条の明渡時に乙が本件建物内に残置した動産類があるときは、その所有権を放棄したものとして、甲において任意処分することに、乙は異議がない。
第4条 乙が本件建物の明渡しを遅滞したときは、乙は、甲に対し、第2条記載の明渡日の翌日から明渡済みまで月額○○円の割合による損害金を支払う。
第5条 甲と乙は、本契約書に定めるほか、本件に関し、甲乙間には何らの債権債務のないことを相互に確認する。
本合意成立の証として、本合意書2通を作成し、甲乙相互に署名又は記名・捺印の上、各1通を保有することとする。

書式内で注意すべきポイント

※1 解約の対象となる契約を具体的に特定します。
※2 ・・・・・
※3 ・・・・・
※4 ・・・・・
※5 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



 

新着記事

2017年5月24日

税務調査で役員退職金が否認されないためのポイントとは?

税務調査で役員退職金を否認されないようにするためには、どのような点を注意すればいいのでしょうか? 【この記事の監修者】税理士... 続きを読む
2017年5月17日

税務調査で役員退職金が問題となる場合とは?

役員退職金が税務調査で問題になることがあると聞きました。 役員退職金の金額を決める際の注意点があれば教えてください。 【こ... 続きを読む
2017年5月12日

在宅勤務制度を導入する際の注意点とは?

当社では時代の流れでもあり、在宅勤務制度を導入することを検討しています。 しかし、何を具体的に定めれば足りるのかがよくわかりません。 スムーズに導... 続きを読む

お問い合わせボタン

知らないと損をする助成金活用術






無料会員数

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)




b03