借地条件変更契約書



※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

書式の一部抜粋(本文)

借地条件変更契約書
賃貸人○○○○(以下「甲」という。)と賃借人○○○○(以下「乙」という。)は、乙が甲から賃借している後記物件目録記載の土地(以下「本件土地」という。)の賃借条件について、以下のとおり変更することに合意する。
第1条(賃借条件の変更)
甲および乙は、甲乙間で交わされた、平成○年○月○日付賃借権設定契約(原契約)について、乙が甲に対し、第3条で定める承諾料を支払うことを条件として、事情以下のとおり条件を変更することに合意する
第2条(建築建物に関する条件変更)
本件土地に乙が建築するべき建物の条件を、木造瓦葺2階建居宅(床面積合計○○平方メートル以下)と定めたところ(原契約○条)、これを鉄筋コンクリート造5階建賃貸用店舗(床面積合計○○平方メートル以下)に変更する。
第3条(承諾料)
乙は甲に対し、前条までに定める借地条件の変更の承諾料として、金○○円を甲が指定する金融機関口座に振り込む方法で支払う(振込手数料は乙負担)。

書式内で注意すべきポイント

※1 すでに交わされている契約について、その条件を変更する契約ですから、対象となる契約をできる限り詳しく記載して特定します。
※2 ・・・・・
※3 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



 


 


新着記事

2017年11月15日

高額特定資産を取得した場合の特例制度について

消費税の課税事業者が高額特定資産を取得した場合の特例制度について教えてください。 【この記事の監修者】 讃良周泰税理士事務所 税理士... 続きを読む
2017年11月10日

請求書基準を用いた不正な前倒し売上事例

売上計上において、納品基準ではなく請求書基準を用いた不正会計事例があれば教えてください。 【この記事の著者】 江黒公認会計士事務所 ... 続きを読む
2017年11月8日

法人が消費税の還付を受けるための救済制度とは?

法人が消費税の還付を受けるための救済制度について教えてください。 【この記事の監修者】 讃良周泰税理士事務所 税理士 讃良 周泰 ... 続きを読む

 

b03 b03

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在16,897名

知らないと損をする助成金活用術

b03

b03

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

助成金