建築下請契約書



※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

書式の一部抜粋(本文)

建築下請契約書
元請人○○○○(以下「甲」という。)および下請人○○○○(以下「乙」という。)は、甲が請け負った建築工事について、以下のとおり下請契約を締結する。

第1条(基本合意)
甲および乙は、乙が、甲から、甲が発注者○○○○から請負った下記建築工事について、下請けとしてその仕事を完成することを請け負い、甲が乙に対し、その仕事の報酬を支払うことに合意した。
工事名:○○工事
工事場所:東京都○○区○○町○丁目○番○号
工期: 着工日 平成○年○月○日
完成日 平成○年○月○日
第2条(工事の範囲)
前条により乙が請け負う工事の範囲は、本契約書に添附の設計書によるものとする。
第3条(材料の調達)
1 本契約により乙が請け負う工事に必要な鉄骨等の材料は、すべて甲が乙に交付するものとする。
2 前項の材料は、乙の請求により、甲が必要に応じて乙に交付する。
第4条(労働者の雇用)
工事に要する一切の労働者は、すべて乙がその負担と責任において雇入れるものとする。
第5条(工期)
本契約基づく下請工事の工期は以下のとおりとする。
着工日:平成○年○月○日
完成日:平成○年○月○日
引渡日:平成○年○月○日
第6条(余剰の材料)
乙は、工事の結果、不用、余剰の材料が生じたときは、事前に通知をした上で、前条に定める仕事完成の期日に甲に引渡す。

書式内で注意すべきポイント

※1 工事の下請契約においては、元請の契約内容(工事内容)をできる限り特定することが重要です。そのため、どこで、どのような工期で、どのような工事を行うのかを特定します。
※2 ・・・・・
※3 ・・・・・
※4 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



契約書のリーガルチェックが必要な理由

契約と契約書について、基礎知識から作成の際の注意ポイントまでを法的な立場から、わかりやすく解説

 

新着記事

2017年9月27日

手続きを簡略化できる労基署への本社一括届出制度とは?

当社は都内に本社を構えており、その他全国に複数の事業場があります。 最近、頻繁に法改正が行なわれる中、就業規則等の届出もその都度行なってきました... 続きを読む
2017年9月21日

実在しない商品による資金循環取引不正事例

資金の循環取引による不正事例について教えてください。 【この記事の著者】 江黒公認会計士事務所 公認会計士 江黒 崇史 http:... 続きを読む
2017年9月20日

消費税の簡易課税制度とみなし仕入れ率とは?

消費税の「簡易課税制度」と「みなし仕入れ率」について、その内容や注意点があれば教えてください。 【この記事の監修者】 讃良周泰税理士... 続きを読む

 

b03 b03

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在16,897名

知らないと損をする助成金活用術

b03

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

助成金