内装工事請負契約書



※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

書式の一部抜粋(本文)

内装工事請負契約書
注文者○○○○(以下「甲」という。)および請負者○○○○(以下「乙」という。)は、甲が経営する○○の内装工事について、次のとおり契約を締結する。
第1条(工事の発注)
甲は乙に対し、下記内装工事の施工を発注し、乙はこれを請負う。

① 工事名   ○○内装工事
② 工事場所  東京都○○区○○町○丁目○番○号 ○○ビル○階
③ 工事期間  着工 平成○年○月○日
完了 平成○年○月○日
第2条(請負代金)
1 本工事の請負代金額は○○円とし、甲は乙に対し、次のとおり分割して支払う。
① 契約時      ○○円
② 工事完了引渡時  ○○円
2 前項の請負代金は、甲が指定する金融機関口座に振り込む方法で支払う(振込手数料は乙負担。)。
第3条(注文者による承認、指示)
乙は、設計書および仕様書等について、予め甲の承認を得なければならず、甲の指示に従い施工しなければならない。
第4条(下請の禁止)
乙は、本契約の義務を履行するにあたり、予め甲の書面による承諾を得た場合を除き、工事の全部又は一部を第三者に委託もしくは請負わせてはならない。
第5条(引渡等)
1 乙は、工事完成後直ちに甲の検査を受けなければならない。
2 甲の検査合格をもって乙からの引渡しを受けたものとする。
第6条(検査後の改修)
前条に定める甲の検査において不合格となった場合、乙は速やかに甲の指示に従い、改修等を行わなければならない。この場合、改修時に要する費用及び改修等により甲に生じた損害については、乙が負担しまたは賠償するものとする。

書式内で注意すべきポイント

※1 工事の請負契約においては、どこで、どのような建築物を建築する工事なのかを特定することが重要です。建築物の概要などは分量がある場合があるので、別紙として添付するとよいです。
※2 ・・・・・
※3 ・・・・・
※4 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



 

新着記事

2017年4月21日

法(定)内残業にも割増賃金を支払うべきか?

当社は始業9時、終業5時の1日7時間労働の会社です。 5時を超えて残業した場合には2割5分増で計算した時間外手当を支給していますが、先日同じ業界の人... 続きを読む
2017年4月19日

税務調査で棚卸資産が問題になるケースとは?

税務調査では、棚卸資産の有無が争点になりやすいという話を聞きましたが、なぜでしょうか? また、どのような場合に問題になるのでしょうか? ... 続きを読む
2017年4月12日

深夜残業後の休暇は認められるか?

電通の従業員の過労死自殺問題に関する報道をきっかけに、「勤務間インターバル」という言葉を知りました。 国も企業の積極的な導入へ向け助成金制度を導入し... 続きを読む

お問い合わせボタン

知らないと損をする助成金活用術






無料会員数

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)




b03