指定品製作契約書



※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

書式の一部抜粋(本文)

指定品製作契約書

甲株式会社を甲とし、乙株式会社を乙として、甲と乙とは次のとおり契約を締結する。
(取引の範囲)
第一条 甲は、乙に○○○○○その他の〇〇器具(以下指定品という)の製作を依頼し、その納入を受けることとする。
(仕様等の指定)
第二条 乙は、甲の設計又は甲が個々の品種について指示する質、形状、サイズ、その他の規格仕様に従い指定品を製作して甲に納入する。
(材料支給)
第三条 甲は、指定品の製作に必要な材料で一部乙が希望する種類のものは乙に有償で支給する。この場合、乙は支給材料を指定品製作のためにのみ使用するものとする。
(機密保持)
第四条 乙は、指定品を製作するに当たり、甲の所有する工業所有権、技術上及び業務上の機密を尊重し、これを侵害又は漏洩する等甲の権利を害し、またその恐れのある行為をしてはならない。この契約の終了後も同様とする。
(模倣の禁止)
第五条 乙は、指定品の模倣品を製作してはならない。
(納入)
第六条 乙は、製作した指定品を、三次ないし五次にわけて平成〇年〇月〇日以降、平成〇年〇月〇日までに逐次甲へ納入する。
(検査)
第七条 甲は、指定品が納入されたときは相当期間内に、数量、仕様、品質等の検査を行ったうえ、その結果を乙に通知する。
2 甲の検査に合格した指定品については受渡しが完了したものとして、その所有権は甲に移転する。
3 乙は、甲から数量の過不足又は不合格品がある旨の通知を受けたときは、直ちに、過納品、不合格品を引き取り又は不足数量を納入しなければならない。

書式内で注意すべきポイント

(注1)制作物供給契約の一種である。
(注2)・・・・・
プレミアム書式&動画解説



契約書のリーガルチェックが必要な理由

契約と契約書について、基礎知識から作成の際の注意ポイントまでを法的な立場から、わかりやすく解説

 

新着記事

2017年9月21日

実在しない商品による資金循環取引不正事例

資金の循環取引による不正事例について教えてください。 【この記事の著者】 江黒公認会計士事務所 公認会計士 江黒 崇史 http:... 続きを読む
2017年9月20日

消費税の簡易課税制度とみなし仕入れ率とは?

消費税の「簡易課税制度」と「みなし仕入れ率」について、その内容や注意点があれば教えてください。 【この記事の監修者】 讃良周泰税理士... 続きを読む
2017年9月13日

会計監査の確認状で暴かれた未請求売上による不正事例

監査法人による会計監査で不正会計が発覚する場合もあるのでしょうか?  事例があれば教えて下さい。 【この記事の著者】 江黒公認会計... 続きを読む

 

b03 b03

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在16,897名

知らないと損をする助成金活用術

b03

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

助成金