業務代行委託契約書(土地家屋月賦販売の勧誘等)



※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

書式の一部抜粋(本文)

業務代行受託契約書
甲及び乙は、乙の業務の代行を甲が受託するにあたって以下のとおり合意する。
第1条 受任業務は次のとおりとする
(1) 乙の営業に属する土地、及び家屋の月賦販売について申込の勧誘及び募集
(2) 契約時払込金(頭金)の集金その他これに付随する行為
(3) 現金販売及び募集
第2条 受任業務中には、月賦販売における契約時払込金(頭金)の集金のほか、いかなる金銭取扱行為も含まれない。
第3条 報酬金は、乙が定めた手数料計算表に基づき支払われる。
第4条 乙の業務上の機密に関しては、受任中は勿論、契約後といえども他に漏洩してはならない。
第5条 甲又は乙は、相手方が次の各号の一つに該当したときは、何らの通知催告を要せず、直ちに本契約を解除することができるものとする。なお、この解除は損害賠償の請求を妨げない。
一 本契約に違反したとき
二 手形、小切手を不渡りにする等支払い停止の状態に陥ったとき
三 仮差押え、差押え、仮処分、競売等の申立を受けたとき
四 破産、民事再生、会社更生、特別清算等の手続申立を受け又は自ら申し立てたとき
五 その他本条各号に類する事実があるとき

書式内で注意すべきポイント

注1 本契約は、乙の土地や家屋についての月賦販売申込みの勧誘、募集を行うことを甲に委託する準委任契約である。
注2 ・・・・・
注3 ・・・・・
注4 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



 

新着記事

2017年5月24日

税務調査で役員退職金が否認されないためのポイントとは?

税務調査で役員退職金を否認されないようにするためには、どのような点を注意すればいいのでしょうか? 【この記事の監修者】税理士... 続きを読む
2017年5月17日

税務調査で役員退職金が問題となる場合とは?

役員退職金が税務調査で問題になることがあると聞きました。 役員退職金の金額を決める際の注意点があれば教えてください。 【こ... 続きを読む
2017年5月12日

在宅勤務制度を導入する際の注意点とは?

当社では時代の流れでもあり、在宅勤務制度を導入することを検討しています。 しかし、何を具体的に定めれば足りるのかがよくわかりません。 スムーズに導... 続きを読む

お問い合わせボタン

知らないと損をする助成金活用術






無料会員数

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)




b03