相殺契約書



※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

書式の一部抜粋(本文)

相殺契約書

○○○○(以下「甲」という)と○○○○(以下「乙」という)は、合意の上で、双方が有する債権債務を対当額で相殺するために、以下の通り、相殺契約を締結した。

第1条(甲の債権) 甲及び乙は、平成○年○月○日に甲乙間で締結した商品「○○」の売買契約に基づき、甲が乙に対し、下記の債権を有していることを確認した。
売買代金債権 金1000万円
第2条(乙の債権) 甲及び乙は、平成○年○月○日に甲乙間で締結した金銭消費貸借契約に基づき、乙が甲に対し、下記の債権を有していることを確認した。
貸金債権 金500万円
第3条(相殺合意) 甲及び乙は、前2条に記載する各自の債権債務につき相互に期限の利益を放棄し、本契約締結の日において対当額で相殺することを合意した。
第4条(残債の確認) 前条による相殺の結果、乙の甲に対する債権は完済され、甲の乙に対する残債権額は500万円となることを甲乙双方が確認した。
第5条(契約書の添付) 第1条の甲の債権の売買契約書及び第2条の乙の債権の金銭消費貸借契約書の謄本は、各々この契約書に添付する。
第6条(契約解除) 甲又は乙は、相手方が次の各号の一つに該当したときは、何らの通知催告を要せず、直ちに本契約を解除することができるものとする。なお、この解除は損害賠償の請求を妨げない。

書式内で注意すべきポイント

注1 相殺契約は、相対立する債権を対当額ないしは対等の評価額で消滅させることを目的とする契約である。
注2 ・・・・・
注3 ・・・・・
注4 ・・・・・
注5 ・・・・・
注6 ・・・・・
注7 ・・・・・
注8 ・・・・・
注9 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



契約書のリーガルチェックが必要な理由

契約と契約書について、基礎知識から作成の際の注意ポイントまでを法的な立場から、わかりやすく解説

 

新着記事

2017年9月21日

実在しない商品による資金循環取引不正事例

資金の循環取引による不正事例について教えてください。 【この記事の著者】 江黒公認会計士事務所 公認会計士 江黒 崇史 http:... 続きを読む
2017年9月20日

消費税の簡易課税制度とみなし仕入れ率とは?

消費税の「簡易課税制度」と「みなし仕入れ率」について、その内容や注意点があれば教えてください。 【この記事の監修者】 讃良周泰税理士... 続きを読む
2017年9月13日

会計監査の確認状で暴かれた未請求売上による不正事例

監査法人による会計監査で不正会計が発覚する場合もあるのでしょうか?  事例があれば教えて下さい。 【この記事の著者】 江黒公認会計... 続きを読む

 

b03 b03

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在16,897名

知らないと損をする助成金活用術

b03

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

助成金