更改契約書



※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

書式の一部抜粋(本文)

更改契約

債権者○○○○(以下「甲」という)、債務者○○○○(以下「乙」という)及び旧債務者○○○○(以下「丙」という)は、次の通り更改契約を締結した。

第1条(債務者の交替による更改) 丙は、甲に対し、平成○年○月○日付金銭消費貸借契約に基づき甲より借り受けた金○○円の返還債務(以下「旧債務」という)を負担していたところ、乙は、甲との合意の上、旧債務につき、債務者の交替による更改契約を締結し、よって生じた新債務を、次条以下の約定により履行することを約し、甲はこれを承諾した。ただし、甲乙は、本件更改契約が、丙の意思に反しないことを確認した。
第2条(弁済期) 新債務の弁済期は、平成○年○月○日とする
第3条(利息等) 利息は、年○パーセントの割合により、毎月末日限り支払う。
2 乙が元利金の弁済を遅滞したときは、乙は、支払い済みまで年○パーセントの割合による遅延損害金を支払う。
第4条(弁済方法) 新債務の弁済は、甲の○○銀行○○支店・普通預金口座(口座番号○○○○○○○)に振込送金する方法による。振込手数料は、乙の負担とする。
第5条(期限の利益の喪失) 次の事由の一つでも生じた場合には、甲からの通知催告がなくても乙は当然に期限の利益を失い、直ちに残額を支払う。

書式内で注意すべきポイント

注1 更改とは、新債務を成立させることによって、旧債務を消滅させる契約である(民法513条以下)。
更改は、「当事者が債務の要素を変更する契約をしたとき」(民法513条1項)に生ずるのであるが、ここに「債務の要素」とは、債権者、債務者、及び債権の目的のことをいう。したがって、更改には、①債権者の交替による更改、②債務者の交替による更改、及び③目的の変更による更改の3種類を考えることができる。
本契約は、債務者の交替による更改を行う場合について規定したものである。
注2 ・・・・・
注3 ・・・・・
注4 ・・・・・
注5 ・・・・・
注6 ・・・・・
注7 ・・・・・
注8 ・・・・・
注9 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



 


 


新着記事

2017年11月15日

高額特定資産を取得した場合の特例制度について

消費税の課税事業者が高額特定資産を取得した場合の特例制度について教えてください。 【この記事の監修者】 讃良周泰税理士事務所 税理士... 続きを読む
2017年11月10日

請求書基準を用いた不正な前倒し売上事例

売上計上において、納品基準ではなく請求書基準を用いた不正会計事例があれば教えてください。 【この記事の著者】 江黒公認会計士事務所 ... 続きを読む
2017年11月8日

法人が消費税の還付を受けるための救済制度とは?

法人が消費税の還付を受けるための救済制度について教えてください。 【この記事の監修者】 讃良周泰税理士事務所 税理士 讃良 周泰 ... 続きを読む

 

b03 b03

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在16,897名

知らないと損をする助成金活用術

b03

b03

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

助成金