離縁協議書



※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

書式の一部抜粋(本文)

離縁協議書

養父○○○○(以下「甲」という)、養母○○○○(以下「乙」という)、及び養子○○○○(以下「丙」という)は、離縁に関する次の契約を締結した。

第1条(離縁) 甲及び乙と丙との養子縁組は、平成○年○月○日限り解消するものとする。
第2条(財産の贈与) 甲は、丙に対して、無償で下記建物を贈与することを約束した。

所  在  東京都○○区○○町○丁目
家屋番号  ○番
種  類  居宅
構  造  木造亜鉛メッキ鋼板瓦交葺2階建
床面積  1階 ○○.○○㎡
2階 ○○.○○㎡
2 甲は、前項の建物について、平成○年○月○日までに丙のために所有権移転登記をなるものとする。
第3条(協議) 本契約に定めのない事項または本契約の規定に関して生じた疑義については、甲乙協議のうえ解決する。協議の調わないときは民法等法令の規定に従うものとする。
第4条(管轄合意) 甲及び乙は、本契約に関して紛争が生じた場合には、○○地方裁判所を第一審の専属的裁判所とすることを合意する。

本協議の成立を証するため、本契約書3通を作成し、甲乙丙各1通を保有するものとする。

書式内で注意すべきポイント

注1 離縁に関する協議書は、これを作成しても、当事者の一方は、届出までに離縁意思を撤回することができるので、それほど、重要な意味はない。しかし、一般的には、離縁協議書を作成すると同時に、その中に養親から養子に対して一定の財産の贈与をする旨の条項を置くことが多い。この場合の贈与はいかなる性質のものかの判定については、当事者の意思解釈の問題であるが、一般的には、離縁が不成立になれば、贈与も無効になるというように、贈与を離縁の成立にかからしめているように思われる。したがって、この場合は、原則として停止条件付贈与契約と解すべきでる。
注2 ・・・・・
注3 ・・・・・
注4 ・・・・・
注5 ・・・・・
注6 ・・・・・
注7 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



契約書のリーガルチェックが必要な理由

契約と契約書について、基礎知識から作成の際の注意ポイントまでを法的な立場から、わかりやすく解説

 

新着記事

2017年7月19日

就業規則における昇給に関する規定の注意点とは?

当社は、毎年1回の「昇給」を実施してきましたが、今回、一部社員については成績が思わしくない等の理由により、金額は僅かであるものの 降給とし... 続きを読む
2017年7月14日

現場主導で行なわれた在庫の前倒し計上・増加による不正会計事例

経営者主導ではなく現場主導で行なわれた不正会計の事例があれば教えてください。 【この記事の著者】 江黒公認会計士事務所 公認会計士 ... 続きを読む
2017年7月7日

短時間正社員制度を導入する際の注意点とは?

弊社の社員は主に正社員やパートタイマー等で構成されていますが、今後、「短時間正社員」制度を導入したいと考えています。 短時間正社員に適用... 続きを読む

 

b03 b03

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在16,897名

知らないと損をする助成金活用術

b03

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)