負担付土地建物贈与契約



※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

書式の一部抜粋(本文)

負担付土地建物贈与契約書

贈与者    (以下「甲」という。)と、受贈者    (以下「乙」という。)とは、別紙物件目録記載の土地建物(以下「本件土地建物」という。)につき、次のとおり贈与契約を締結した。
(贈与の合意)
第1条 甲は乙に対し、本日、第2条記載の負担付にて本件土地建物を贈与することを約し、乙はこれを承諾した。
(負担の内容)
第2条 乙は、本件贈与を受けた負担として、甲をその生存中扶養しなければならな
い。
(引渡)
第3条 甲は乙に対し、本件土地建物を、平成○年○月○日までに、現状有姿のまま引き渡す。
(登記手続)
第4条 甲は乙に対し、平成○年○月○日までに、本件土地建物につき、所有権移転登記手続を行う。
2 登記申請に要する費用は乙の負担とする。
(公租公課の負担)
第5条 本件土地建物に関する公租公課は、平成○年1月1日を基準として日割り計算し、第2条に定める引渡日までの分を甲、その翌日以降の分を乙の負担とする。
(解除)
第6条 甲は、乙が第2条に定める義務を履行しなくなったときには、甲は催告のうえ本契約を解除できる。
(解除の場合の原状回復等)
第7条 前条に基づき本契約が解除されたときは、乙は甲に対し、本件土地建物を引き渡し、本件土地建物について所有権移転登記の抹消登記手続をしなければならない。
2 前項の場合、契約解除の日までに乙が支出した扶養の費用は、乙が本件土地建物を使用収益した対価と相殺する。

書式内で注意すべきポイント

注1 贈与契約は、当事者の一方である贈与者が相手方である受贈者に対し、無償で自己の財産を与えることを内容とする契約である。
注2 ・・・・・
注3 ・・・・・
注4 ・・・・・
注5 ・・・・・
注6 ・・・・・
注7 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



契約書のリーガルチェックが必要な理由

契約と契約書について、基礎知識から作成の際の注意ポイントまでを法的な立場から、わかりやすく解説

 

新着記事

2017年7月19日

就業規則における昇給に関する規定の注意点とは?

当社は、毎年1回の「昇給」を実施してきましたが、今回、一部社員については成績が思わしくない等の理由により、金額は僅かであるものの 降給とし... 続きを読む
2017年7月14日

現場主導で行なわれた在庫の前倒し計上・増加による不正会計事例

経営者主導ではなく現場主導で行なわれた不正会計の事例があれば教えてください。 【この記事の著者】 江黒公認会計士事務所 公認会計士 ... 続きを読む
2017年7月7日

短時間正社員制度を導入する際の注意点とは?

弊社の社員は主に正社員やパートタイマー等で構成されていますが、今後、「短時間正社員」制度を導入したいと考えています。 短時間正社員に適用... 続きを読む

 

b03 b03

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在16,897名

知らないと損をする助成金活用術

b03

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)