M&Aにおける会社の株式と経営の関係とは?


M&Aにおいて、会社の株式を譲渡する、取得するということは経営に関してどういう意味があるのでしょうか?

【この記事の著者】 江黒公認会計士事務所 公認会計士 江黒 崇史
http://www.eguro-cpa.com/


株式は会社の所有権を意味します。
そのため株式譲渡をすることは経営権を譲ること、取得するということは会社の経営権を買うということになります。


会社を買うことは株式を買うこと

いうなれば、会社というのは目に見えない存在です。
そのような会社という存在は株式という形をとり、保有者は株主として会社の経営に関与する権利を持ちます。

実務では「会社を買う(買収する)」といいますが、会社を買うということは、その会社の株式を買うことを意味します。

また、一般的に会社を買うという場合には株式を買い取ることを意味しますが、中にはその会社そのものではなく、一事業部門だけ買うこともあります。
その場合は株式譲渡と区別して事業譲渡と呼びます。

baisyuu02-2

株式を保有することは、その会社の所有権を支配することを意味します。結果として、会社の重要事項を決める株主総会の意思決定をコントロールできることとなります。

 

b03 b03

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在16,897名

知らないと損をする助成金活用術

b03

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)