第三者割当増資は、いつ、どのように実施するべきか?


第三者割当増資とは、どのような増資の方法なのでしょうか? また、実施する際に注意するべきポイントはありますか?

【この記事の著者】 江黒公認会計士事務所 公認会計士 江黒 崇史
http://www.eguro-cpa.com/

第三者割当増資とは、株式会社の資金調達方法のひとつで、新しく株式を発行するという方法による増資のことをいいます。
企業の増資やM&Aにおいて、企業の意思決定を取得する際に用いられる手法です。



なぜ新株発行をするのか?

企業を買収するには、当該企業の意思決定権を取得する必要があります。株式会社では議決権を過半数取得することで、当該企業の意思決定をコントロールすることができます。

株式については、既存の株式を取得する方法もありますが、新たに新株を発行するという方法もあります。
株式の発行には、「第三者割当増資」、「株主割当増資」、「公募増資」の3種類あります。

なお、株主となる方は金銭での払い込みの他、現物出資で株式を引き受けることも可能です。

baisyuu04-1

また、新株の発行には下記に事項を決める必要があります。

【新株式の募集事項】
①募集株式の数
②募集株式の払込金額またはその算定方法
③現物出資の場合は、その旨と出資する財産の内容及び評価
④払込期日または払込期間
⑤増加する資本金及び資本準備金に関する事項

第三者割当増資の仕組みとは?

新株発行の中で、もっともよく耳にするのは第三者割当増資ではないでしょうか。

お問い合わせボタン

知らないと損をする助成金活用術

無料会員数

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)




b03