情報の記事一覧

2017年6月21日

産業医の定期巡視の頻度に関する法改正の内容とは?

当社は、従業員数が最近50名を超えたばかりの会社です。 そこで産業医を選任する予定ですが、産業医に関する法改正があると聞きました。 どのよ... 続きを読む
2017年6月16日

税務調査における買掛金の時効の取り扱いとは?

税務調査で、時効をむかえた買掛金が問題になった会社の事例があれば教えてください。 【この記事の監修者】税理士法人桜頼パートナーズ... 続きを読む
2017年6月9日

税務調査における債権の時効の取り扱いとは?

税務調査では、時効をむかえた債権はどのように取り扱われるのでしょうか? 【この記事の監修者】税理士法人桜頼パートナーズ会計 小髙... 続きを読む
2017年6月7日

労働基準監督業務の民間活用で何が変わるのか?

労働基準監督署の監督官が行う業務の一部を、社会保険労務士等に委託する可能性が出てきたという話を聞きました。 なぜ、委託する必要が出てきたので... 続きを読む
2017年6月6日

トラブル防止のために契約書のリーガルチェックが必要な理由

契約をする際、通常は契約書を交わします。 たとえば、ある会社で契約書を作成した場合、「法的な不備はないか」、「自社にとって不利となる条件が書かれていないか」というこ... 続きを読む
2017年6月2日

売上の平準化のための前倒し計上の手口とは?

コンプライアンスや会計処理に対する経営陣の意識の低さから行なわれた不正会計の事例を教えてください。 【この記事の著者】 江黒公認会計... 続きを読む
2017年5月26日

労使協定における過半数代表者の任期に規定はあるのか?

36協定を締結する時や就業規則を作成・変更する時は、過半数代表者を選出し、その意見を聴くことになりますが、この過半数代表者の任期について何か決... 続きを読む
2017年5月24日

税務調査で役員退職金が否認されないためのポイントとは?

税務調査で役員退職金を否認されないようにするためには、どのような点を注意すればいいのでしょうか? 【この記事の監修者】税理士... 続きを読む
2017年5月17日

税務調査で役員退職金が問題となる場合とは?

役員退職金が税務調査で問題になることがあると聞きました。 役員退職金の金額を決める際の注意点があれば教えてください。 【こ... 続きを読む
2017年5月12日

在宅勤務制度を導入する際の注意点とは?

当社では時代の流れでもあり、在宅勤務制度を導入することを検討しています。 しかし、何を具体的に定めれば足りるのかがよくわかりません。 スムーズに導... 続きを読む
2017年5月10日

口約束でも契約は成立するの?

法的には口約束でも契約は成立すると聞いたことがありますが本当でしょうか? また、なぜ契約書は必要なのでしょうか? 【この記事の著者... 続きを読む
2017年5月5日

循環取引による不正会計とは?

不正会計の手口の中でも多いといわれる循環取引について教えてください。 【この記事の著者】 江黒公認会計士事務所 公認会計士 江黒 崇史 ... 続きを読む
2017年4月28日

新卒社員に裁量労働制は適用できるか?

当社は、本社の経営企画部門等において企画業務型裁量労働制を導入しています。 今年の4月に入社した新卒社員の研修がそろそろ終了し、本配属をしなければな... 続きを読む
2017年4月26日

税務調査で棚卸資産の消費税の取り扱いが問題になるケースとは?

税務調査で棚卸資産に関する消費税の計算方法や控除が問題になるケースはあるのでしょうか? 【この記事の監修者】税理士法人桜頼パ... 続きを読む
2017年4月21日

法定内残業にも割増賃金を支払うべきか?

当社は始業9時、終業5時の1日7時間労働の会社です。 5時を超えて残業した場合には2割5分増で計算した時間外手当を支給していますが、先日同じ業界の人... 続きを読む

無料会員数

お問い合わせボタン

知らないと損をする助成金活用術

b03

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

助成金

b03