企業のセグメント情報から何がわかるのか?


「セグメント情報」とは、どのような情報なのでしょうか? また、この情報から企業の何がわかるのでしょうか?
【この記事の著者】 江黒公認会計士事務所 公認会計士 江黒 崇史
http://www.eguro-cpa.com/


「セグメント情報」とは、会社を事業別、地域別などの区分(セグメント)ごとに分解し、会計数値を報告している情報です。

会社は、複数の事業を展開することが多く見受けられます。
そのような複数の事業について報告する会計が「セグメント会計」です。

非上場会社の決算書ではセグメント情報は開示されていませんが、上場会社であれば年度の「有価証券報告書」で開示がなされており、会社の戦略を把握する上では非常に重要な情報となります。

セグメント情報で何がわかるのか?

セグメント情報を見ることで、企業のどの分野が強く、どの分野が弱いのか、また経営戦略の方針も把握することができます。

セグメント情報としては、報告セグメントとして企業の主要事業を報告します。
そして、関連情報として、①製品及びサービスごとの情報、②地域ごとの情報、③主要な顧客ごとの情報、を開示していきます。

まずは、この報告セグメントを見ると、会社がどんな事業に力を入れているのかわかります。

例えば、インターネット広告代理店の大手オプト社は、平成25年12月期から新規で「投資育成事業」を新たにセグメント情報として加えました。これは、同社が新たな事業の柱としてベンチャー企業の成長を育成することに力を入れることの表れです。

以下が同社の報告セグメントです。

お問い合わせボタン

知らないと損をする助成金活用術

無料会員数

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)




b03