解雇や労働審判に詳しい弁護士

未払い残業代の請求や解雇にまつわる労働トラブルが発生した場合、
経営者は迅速に対応する必要があります。

その一方で、初期対応を間違うと、
会社に不利な状況になってしまうこともあります。

また、裁判になったとき、会社側に有利な証拠を提出し
迅速に解決できるかは、問題社員に対して、
在職時にどれだけ適切な対応ができるたどうかにかかっています。

解雇や労働審判などの労働トラブルでお悩みの場合、
労働審判・解雇トラブル相談に詳しい弁護士
に相談してみることをおすすめします。

お問い合わせボタン

知らないと損をする助成金活用術






無料会員数

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)




b03