職場のいじめ=パワハラと教育的指導の違いとは?


イラスト 75

動画解説はこちら




会社や職場での「言葉の暴力」=パワハラ問題が急増しているようです。

パワハラ問題が起きてしまうと、被害者の肉体的・精神的苦痛はもちろん、会社にとっても大きな損害となってしまいます。

では、何をするとパワハラになるのでしょうか?
パワハラと教育的指導との違いは何なのでしょうか?

事件はこうして起きた

「“威圧され適応障害”…看護師長のパワハラ認定」(2015年2月26日 読売新聞)

元上司によるパワーハラスメントで適応障害になったとして、北九州市の病院に看護師として勤めていた女性(30歳代)が病院の運営元や元上司を相手取り、約315万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が福岡地裁小倉支部でありました。

原告の女性は病院に勤務していた2013年4~5月頃、子供がインフルエンザにかかったり、高熱を出したりしたため、上司だった看護師長に有給休暇を利用した早退を申請。

ところが、元上司は「もう休めないでしょ」、「子供のことで職場に迷惑をかけないと話したんじゃないの」などと発言。

女性はミスを叱責されたこともあり、食欲不振や不眠から、同年11月に適応障害と診断されて休職し、その後、2014年3月に退職したようです。

裁判官は、看護師長の言動について、「部下という弱い立場にある原告を過度に威圧し、違法」と認定し、被告に約120万円を支払うよう命じたということです。

リーガルアイ


パワハラにつては以前にも解説しています。

「職場のいじめ・嫌がらせは犯罪になるか?」
http://myhoumu.jp/shokubanoizime/

「パワハラ自殺で会社に高額賠償金支払い命令!?」
http://myhoumu.jp/legaleye033/

これらも参考にしながら、今回はもう一度パワハラについて復習していきましょう。


【パワハラとは?】
パワハラについて、「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議ワーキング・グループ報告」(厚生労働省)では、以下のように定義しています。

「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいう。」

「上司から部下に行われるものだけでなく、先輩・後輩間や同僚間、さらには部下から上司に対して様々な優位性を背景に行われるものも含まれる。」


この定義を踏まえたうえで、パワハラが成立するかどうかについて次の3つの要件が認められるかを検討していきます。

お問い合わせボタン

知らないと損をする助成金活用術






無料会員数

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)




b03