要注意!ネットでの“性的脅迫”にどう対処する?


イラスト 100



不正アプリを使った「セクストーション」という犯行が増えているようです。

これは、英語で「性的な」と「ゆすり」を意味する単語を組み合わせた造語で、スマホやパソコンを介した「性的脅迫」の手口です。

今回は、ネット上で行われる脅迫について法的に解説します。

事件はこうして起きた

「不正アプリで性的脅迫 個人情報抜き取り 全国で被害」(2015年6月24日 神戸新聞)

女性とインターネット上で知り合い、交流が盛り上がる。
そのうち性的な話題になり、互いに「恥ずかしい」写真を交換。
その際にインストールされた不正アプリから自分のスマホなどに登録してあったメールアドレスなどを抜き取られ、後になって、女性の関係者を名乗る人物から、「知り合いに恥かしい写真をばらまかれたくなかったら金を出せ」と脅迫される、「セクストーション」被害が全国に広がりつつある。

被害相談を受け、兵庫県警がまとめた犯行の手口の具体例は以下のようなもの。
・男性のスマホに突然、見ず知らずの女性からメールが届く。
・何度かやり取りを重ね盛り上がってきたところで、「恥ずかしい姿を見せ合おう」と女性が持ちかける。
・女性から届いたメールに添付された画像を開くと、自動で不正アプリがインストールされる。もしくは、「動画をやり取りするためのアプリ」を入手させられる。
・不正アプリを通じて、自分のスマホに登録していた電話帳のデータなどが抜き取られる。
・自分の性的な恥かしい画像を送った後、男性のスマホに女性のアカウントから見ず知らずの男がメール、もしくは電話を入れる。
・「電話帳に入っている知り合いのアドレスに、あなたの恥かしい画像をばらまく」、「それが嫌なら金を払え!」などと脅迫される。

「セクストーション(性的脅迫)」による被害は、5年ほど前にアメリカで初めて確認され、2014年頃から日本でも報告され始めている。
2015年に入り、兵庫県内では「数十万を要求された」などの相談が複数の中高年男性からあった。

今のところ現金被害は出ていないというが、同県警サイバー犯罪対策課は、「事件の性質上、被害者は申告しにくい。実際の事件数はもっと多い」とみている。

リーガルアイ




不正アプリによるデータの抜き取りなどは、

お問い合わせボタン

知らないと損をする助成金活用術

無料会員数

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)




b03