M&AにおけるDDとは、どのようなもの?


M&AでDD(ディーディー)という言葉をよく聞きますが、どんな意味でしょうか?

【この記事の著者】 江黒公認会計士事務所 公認会計士 江黒 崇史
http://www.eguro-cpa.com/


DDとは、Due Diligence(デューデリジェンス)のことで、M&Aの対象会社に対する事前調査のことです。

例えば、ある会社がある会社を買収しようとするとき、買い手としては売り手企業の所有する不動産や金融商品などの資産の状況、権利関係を調査する必要があります。

そうした調査の結果を契約内容に反映していき、最終的な契約締結に至るためにDDはM&Aにおいては欠かせない作業です。

買い手としては、売り手側の話を全面的に信用したい部分もありますが、やはり契約締結前に一度は調査するべきでしょう。

以下の表は、M&Aにおける主要なDDです。

お問い合わせボタン

知らないと損をする助成金活用術






無料会員数

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)




b03