M&Aにおいて「のれん」という用語の意味は?


M&Aでは、「のれん」という用語をよく聞きますが、どのような意味なのでしょうか?

【この記事の著者】 江黒公認会計士事務所 公認会計士 江黒 崇史
http://www.eguro-cpa.com/


これまで見てきたように、M&Aはある会社がある会社を取得することです。

では、何のために取得するのかというと、取得することでシナジー効果などによる買収価値が見込めるからこそ取得するのです。
となると、M&Aでは、その価値の分だけ超過収益力を見込んで買収することになります。

そこで、会計上はその買収価額と会社の純資産額との差額を超過収益力と考え、「のれん」と表現するのです。

「のれん」は貸借対照表上において目に見えない資産であることから

お問い合わせボタン

知らないと損をする助成金活用術



b03


b03


b03


無料会員数

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)




b03