M&Aを成功させるポイントとは?

M&Aを成功させるポイントには、どのようなものがあるのでしょうか?

【この記事の著者】 江黒公認会計士事務所 公認会計士 江黒 崇史
http://www.eguro-cpa.com/


M&Aは、実施後からが本当のスタートです。
当事者全体の価値を上げることがM&Aの成功と認識して実行していくことが重要です。


私は年間20件以上M&A業務にかかわっています。ただ、残念ながら真に成功したM&Aの事例というのは少ないのが実情です。


当初2~3年で成果が出る予定だったM&Aが、成果が出るまでに4~5年かかったり、残念ながら2~3年ほどで統合を解消した例もあります。

また、DD(デューデリジェンス)の実施後、事前の情報や統合後の効果が不明となりM&Aが成立しないこともあります。

これほど大変なM&Aですが、成功に向けての主なポイントは以下になります。

1.検討段階では情報が外部に漏れないよう気をつける
2.買い手も売り手もM&Aの相手先として十分か、じっくり検討する
3.統合作業に入ったら売り手は情報を正確に買い手に開示する
4.買い手は疑問をすべて確認し、契約後に食い違いが生じないようにする
5.内部環境、外部環境の変化に強固な組織づくりを目指す
6.お互いの企業文化を尊重し、統合作業及び統合後の作業に時間とコストをかける


M&Aの成功のポイントを一言で言ってしまえば、買い手と売り手とが信頼関係をしっかりと築き、コミュニケーションを深くし、お互いのゴールを共有すること、となります。

買い手だから立場が強いと考えたり、上から目線を持つようでは到底、統合は成功しないでしょう。
M&Aは、契約のクロージングが目的ではなく当事者両者のこれまでの良いところを統合し、

 

b03 b03

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在16,897名

知らないと損をする助成金活用術

b03

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

助成金