弁護士監修の書式法律解説動画スキルアップ講座利用者の声お申し込みの流れ

マイ法務法を社会の隅々に弁護士監修・加筆修正できる法務書式・法律動画解説が満載

問題のある契約書の具体例と修正方法について
・契約書はなぜ大事なのか?
・問題のある契約書とは?
・問題のある契約書の具体例と修正例

について、解説いたしました。

マイ法務プレミアム加筆修正可能な書式400種類以上(契約書・労務・会社法務・内容証明郵便書式)自社に有利な条項が入った書式100種類以上専門家による法律専門動画18種類以上ビジネスマナー・プレゼン力・文章力を高めるスキルアップ動画講座6種類

マイ法務プレミアム書式はすべて弁護士監修 その1自由に加筆修正ができる契約書書式集が使い放題
その2自社に有利になる条項を盛り込んだ書式集をご用意!
その3自由に加筆修正できる労務書式集が使い放題
その4自由に加筆修正できる会社議事録書式集が使い放題
その5自由に加筆修正できる内容証明郵便書式集が使い放題
その6専門家によるセミナー動画が見放題(18種類)
その7経営に役立つ動画が見放題(種類)

マイ法務プレミアムのお申し込みはこちら

マイ法務プレミアムの詳細 プレミアムその1 加筆修正可能なwordファイル

「マイ法務プレミアム」では、加筆修正できるWordファイルをご利用いただけます。
(無料版の書式集では、PDFファイルのため自由に加筆修正ができません)
ダウンロード後すぐに、自社の状況に応じた情報を反映することができます。
すべて弁護士の監修により作成されていますので、一定の条項が盛り込まれています。

種類1契約書書式
契約書のひな形240書式以上(加筆修正できるwordファイル)
種類2内容証明郵便書式
内容証明郵便のひな形60書式以上(加筆修正できるwordファイル)
種類3労務書式
労務書式のひな形60書式以上(加筆修正できるwordファイル)
種類4会社法議事録通知書書式
会社法議事録・通知のひな形40書式以上(加筆修正できるwordファイル)
マイ法務プレミアムのお申し込みはこちら
プレミアムその2自社に有利な条項が盛り込まれた契約書を選べる

契約条項の書き方により、自社に有利または不利
になることがあります。
マイ法務プレミアム限定版として、自社が有利に
なる条項を盛り込んだ契約書式をご用意しました。
同じ契約書でも、自社の立場で甲なのか、乙なの
かによって、書くべき内容が異なります。
そこで、どちらの立場でもご利用いただけるよう
(甲)有利版、(乙)有利版をご用意いたしました。

有利版のある契約書式一覧はこちら

例 土地売買契約書標準版 甲有利版 乙有利版
標準版・甲乙有利版・乙有利版の違い(土地売買契約書の場合)

◎「所有権移転登記」に関する条項

標準版

甲は乙に対し、平成○年○月○日までに前条(2)に定める売買残代金の支払と引き換えに、本件土地につき所有権移転登記手続を行い、同日本件土地を引き渡す。

 2 所有権は前項所有権移転登記手続きにより乙に移転する。
 3 所有権移転登記に要する登記費用は乙の負担とする。

乙有利版

甲は乙に対し、平成○年○月○日までに本件土地につき所有権移転登記手続を行い、同日本件土地を引き渡す。

 2 本件土地所有権は、前項所有権移転登記手続きにより、甲か
   ら乙に移転する。
 3 所有権移転登記に要する登記費用は甲の負担とする。


書式内で注意すべきポイント(それぞれの書式に記載しています)

2項は、所有権の移転時期について明らかにしたものである。

【標準版/甲有利版のポイント】
売主としては、できる限り遅い段階まで目的物の所有権を保持していた方が有利となる。

※前条2項に定める売買残代金の支払(日)について、ここにかかってくる。

【乙有利版のポイント】
所有権の移転時期を早くしたほうが乙に有利となる。




3項は所有権移転登記に要する登記費用について明らかにしたものである。

【標準版/甲有利版のポイント】
乙の負担とする。

【乙有利版のポイント】
所有権の移転時期を早くしたほうが乙に有利となる。

◎「危険負担」に関する条項

標準版

本契約成立後本件土地引渡までの間に、本件土地の一部又は全部が甲又は乙の責めに帰すことのできない事由により滅失又は毀損したときは、その滅失又は毀損による危険は甲が負担する。

甲有利版

本契約成立後本件土地引渡までの間に、本件土地の一部又は全部が甲又は乙の責めに帰すことのできない事由により滅失又は毀損したときは、その滅失又は毀損による危険は甲が負担する。

乙有利版

本件売買代金完済前に、土地の一部又は全部が乙の責めに帰すことのできない事由により滅失又は毀損したときは、その滅失又は毀損による危険は乙が負担する。

書式内で注意すべきポイント(それぞれの書式に記載しています)

民法の危険負担が適用されると当事者に不都合が生じる。この不都合を回避するために危険負担の特約を定めている。

【標準版/甲有利版のポイント】
売主としては、早い段階から危険が買主に移転すれば、それだけ有利になる。

【乙有利版のポイント】
危険移転時期を遅くしたほうが乙に有利となる。

各書式内に「注意するべきポイント」を記載していますので、どの条項に気をつけるべきか分かる構成となっています。
マイ法務プレミアムのお申し込みはこちら
プレミアムその3 プレミアム法律解説動画

会社経営のために知っておくべき法律知識を、テーマごとに専門家が解説。
プレミアム会員期間中は何度でも視聴ができますので、ご活用ください。

ビジネスの常識です「契約書を作る際に知っておくべき基礎知識」

【主な内容】
相手方の都合で一方的に解除できるような自社に不利な条項が
契約書にもりこまれていたり、契約の満了期日や更新手続きについ
て必要な条項が契約書から抜けていると、トラブルになった時に
取り返しがつかない事態となります。 そこで、ここでは、契約書
作成時に押さえておくべきポイントやトラブル防止に役立つ規定の
知識をお伝えします。

◎契約書の基本知識 (契約の効果。有効性とは?契約書の役割とは?)
◎契約書の構成と収入印紙
◎知っておくべきトラブル防止に役立つ規定履行期日、存続期間、
 契約解除、期限の利益喪失条項、損害賠償、危険負担など
◎契約により拘束ができるものとできないものとは?
◎当時者の署名捺印、署名(記名、押印の違い)


知らないと危険!「結ぶと危ない契約条項のチェックポイント」

【主な内容】
取引が円滑に進んでいればよいのですが、トラブルが発生すると、
契約書の危険な条項が顕在化します。

危険な契約条項が盛り込まれた契約書の効果が発動すると
◎想定外の責任を相手から主張され、負わされてしまう
◎資金繰りに影響がでるほど代金の回収が遅れてしまう
◎紛争になったときに多額の費用と時間がかかってしまう
など会社経営に多大な影響を与えてしまいます。 そこで契約書例
をもとに、リスクのある条項の解説と 訂正方法について、具体的に
解説していきます。 この解説を通して、契約締結前に危ない契約
条項を見つけるポイントを学ぶことができます。


債権回収は、契約前から始まっている!「弁護士が教える債権回収マニュアル」

【主な内容】
仕入や労働によるコストがかかっているにも関わらず、売上を回収
できなければ、会社の資金繰りに多大な影響を 及ぼします。 その
ため、支払いが滞っている売上債権回収の原則は、早期に極大回
収することです。 時間の経過とともに回収可能性と回収金額が
低くなりますので、早めの対応が求められます。

そこで、契約締結段階、法的手続きによらない方法、法的手続きで
知っておくべきことなど、債権回収の各段階で 必要な知識を解説
いたします。また、早期極大回収のための具体的な交渉術について
もお伝えいたします。

◎債権回収のポイント
◎契約書締結段階で気をつけるべきポイント (支払条件、担保、
 調査など)
◎債権回収で知っておくべき交渉の鉄則
◎法的手続によらない方法 (催促状、内容証明郵便、代物弁済、
 債権譲渡など)
◎債権回収で使える心理誘導術
◎法的手続き段階で気をつけるべきポイント


なぜ就業規則が会社を守ることになるのか、知っていますか?「就業規則作成の5つのポイント」

【主な内容】
近年、労働者と事業主との間で労働条件や職場環境などを巡る紛
争が急増しています。 これらの労働紛争を防止できない原因とし
て、就業規則の規定があっても規定に 不備があったり、法改正に
対応していない、というケースが挙げられます。

◎懲戒処分に関する規定が十分でない
◎労働時間や賃金に関する規定が十分でない
◎問題のある社員に対する対応が十分でない
◎頻繁に改正される労働関係法令に就業規則が追いついていない
 など

そのため、就業規則は、常に最新の法律に沿っているか確認し、労
働紛争を未然に防がなければなりません。 そこで、ここでは、就業
規則の見直しをすべきポイントについて解説しています。

◎就業規則見直しの重要性とは?
◎労働時間・賃金に関する規定
◎服務規律・懲戒に関する規定
◎休職に関する規定
◎定年及び継続雇用措置に関する規定 など


マイ法務プレミアムのお申し込みはこちら
未対策では危険です!「残業代請求対策マニュアル」

【主な内容】
勤務していた従業員が突然会社を辞め、その1か月後、360万円の
残業代の請求書が届いたとしたら・・・ このように、残業代の請求を
されるケースだけでなく、在職中から残業代の請求をされるケース
も増えています。 増加傾向にある理由としては、ブラック企業の
社会問題化、残業代請求を促す広告の増加、パソコンやスマート
フォンなどインターネット環境の充実、終身雇用の崩壊と転職の
一般化などが挙げられます。
しかし、根本の原因は、経営者の労働基準法や就業規則に関する
知識不足です。
そこで、ここでは、残業代に関する基礎知識、残業代請求された
場合の会社側の防御パターンなどを解説いたします。

◎残業代請求の基礎知識
◎会社側の防御パターン11のポイント
◎実際に残業代請求を受けた場合の留意点


取締役は自由に経営できると思ったら、大間違い!「取締役の法的責任」

【主な内容】
会社の取締役は、善管注意義務、忠実義務、競業避止義務や利益
相反取引の規制など、様々な義務を負っています。 取締役はその
責任と義務の内容を理解せずに行動してしまうと、株主から
訴えられたり、会社から責任追及を受ける ことがあります。
ここでは、会社の取締役が最低限知っておかなければならない
取締役の法的責任について解説しています。

◎会社と取締役の関係/競業避止義務/利益相反取引の規制
◎株主の権利行使に関する利益供与
◎会社からの責任追及/株主代表訴訟
◎任務懈怠責任/書類等への虚偽記載/責任の免除など


マイ法務プレミアムのお申し込みはこちら
突然事務所を立ち退くように言われたら、どうしますか?「事務所を賃貸する際に注意する法的ポイント」

【主な内容】
会社の事務所(オフィス)は、経営を進めるにあたり重要な本拠地で
す。 賃貸借契約により場所を借りている場合、賃料や更新料の問
題、更新期間や更新方法、禁止事項など十分に注意して契約する
必要があります。

◎用法違反により貸主から契約解除を言い渡された
◎抵当権が設定されていて、その実行により契約期間満了前に
 出ていかなければならなくなった

このような事態になると、経営機能がストップし、多大な影響があり
ます。そこで、ここでは、経営者が事務所を賃借する際に、最低限
知っておくべき法的ポイントについて解説しています。


誰も避けては通れません。きちんと学んでおきましょう。「これから相続する人のための法律基礎知識」

【主な内容】
相続は金銭や不動産が絡むため、良好な関係にあった親族間で
さえ、 トラブルが発生することがあります。とはいえ、 実際に相続
が発生しないと、どんなトラブルが起きるかわかりません。 相続の
発生前に対策できることもありますが、そのためには、相続の知識
が必要不可欠です。

・ 親が高齢になってきたが多額の借金が残っている
・ 親族の関係が良好ではないので相続のときトラブルになりそうだ
・ トラブルにならないように遺言を残したい

このような状況にある方は、この解説で、相続に必要な基礎知識を
学ぶことができます。

◎相続人の範囲と欠格自由
◎代襲相続、単純相続・相続放棄・限定承認
◎相続分と寄与分
◎遺産分割手続き
◎遺言の種類(自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言)
◎遺留分減殺請求 など


経営の悩みを解決する手段のひとつです。「中小企業の事業譲渡M&Aで必須の法律知識と手続き」

【主な内容】
会社経営において、 商圏を拡大したい、大手企業と取引を行いたい、
新規事業を展開したいと考えても、 社内にそのノウハウやルート
がなければ商流を構築するのに時間がかかります。
また、ある事業部門の業績が悪い、後継者がいないなど、今後の
経営への悩みも避けて通れません。

このような問題を解決する手法の一つがM&Aです。
この動画では、基本的な知識・M&Aの手法(種類)の説明、M&Aで
必要な法律知識、行うべき手続きなどを解説しています。


誤った認識で契約してしまうと危険です。「請負契約における法律知識と契約実務」

【主な内容】
下請法では、通常、優越的地位にある業者が下請事業者に対し、
違法な圧力をかけることがないよう違反行為の未然防止などに
より取引の適正化を図っています。

しかし、会社経営の中で、様々な契約を結ぶ機会があり、取引業者
の意識も様々です。

誤った認識で契約してしまうと、 とんでもないトラブルを招きかね
ません。

この動画では、「請負契約とは」などの基本的な法律知識、 「記載
すべき項目」「トラブル防止に役立つ条項」などの 「契約書の構成
について」を中心に、請負契約を結ぶ上で知っておくべき「下請法」
の解説を行っています。


マイ法務プレミアムのお申し込みはこちら
商標登録をしていないと、どんなリスクがあるかご存知ですか?

【主な内容】
「うちは長年商売しているから大丈夫!」「中小企業だから関係ない
でしょ?」と思っている方は要注意です。
経営期間の長さ、企業の大小は関係ありません。
もし商標権侵害で訴えられ、今使っている商標を使用できなくなる
と、看板や備品類などすべてを新しく変更しなければならないなど
資金的に大きな痛手を負います。

経営が順調だったとしても、取引先が離れてしまったり手元資金が
なければ、倒産・閉店といったことになりかねません。 商標登録し
ないで取引をしている場合、 まだ、問題が起きていないだけで、
トラブルになるリスクは存在しているのです。

この講座では、商標に関する基本知識から、 「商号」と「商標」の共
通点と相違点、 実際に起きたトラブル事例などを解説しています。


もしも会社が誹謗中傷されたらどしますか?「会社がやっておくべきSNS対策と会社が誹謗中傷された場合の対処法」

【主な内容】
今は、誰でも思い立ったらすぐに情報を発信できる時代です。
もし、その発信された情報が「不法」なものだったら・・・。

現実に、従業員による不適切な発言で会社が損害を被る事件が
起きています。某コンビニ店の冷凍陳列ケースで寝そべる写真が
SNSに投稿されたのを境に、ステーキチェーン、ラーメン店、そば
屋などの飲食店で同様の投稿がされ閉店・休業に追い込まれました。

万が一SNS対策が不十分で閉店・休業になると、顧客が離れて
しまったり、設備の入れ替え・消毒など多大な損害を被ります。この
講座では、SNSの特徴とそのリスクから、実際に起きた問題事例、
就業規則などで行うSNS対策方法、そして、もしも会社が誹謗
中傷された場合の対処法などをくわしく解説しています。


パワハラ セクハラを防ぐための方法は?「パワハラ・セクハラの防止対策」

【主な内容】
近年、様々な「ハラスメント」が社会問題になっています。
もし、会社内のハラスメント問題を放置すると・・・

◎損害賠償責任
◎社員・従業員のモチベーション低下、それに伴う生産性の低下
◎優秀な人材の流出、応募が無くなる(確保できない)
◎会社の対外的なイメージダウンにより、顧客が離れ、売り上げの
 低下

など、会社に様々な損害・損失をもたらすことになります。
この講座は、会社内で起きる代表的なハラスメントの 「パワハラ」
「セクハラ」を解説します。
どういったものがパワハラ・セクハラになるか、 ハラスメントに
よって会社が負う法的な責任について、 ハラスメントを防ぐため
の方法などを詳しく説明しています。


経営に有利な「会計力」を身につけましょう「経営者のための決算書入門」

【主な内容】
会社を成長させるためには、「会社の数字」を正しく把握・理解する
力が必要です。
間違った理解のまま、店舗拡大・設備投資などを行うと、会社の資金
繰りを悪化させ、最悪の場合、会社を倒産させることになるかも
しれません。

「会計」という言葉に苦手なイメージをお持ちの方は多いですが、
会社の日々の活動が「会計」により「決算書」になるのですから、
決算書の読み方、作り方を覚えておけば断然、経営に有利です。

会社・事業のさらなる成長のため、「会計力」を身につけましょう。
この講座では、企業活動の成果がわかる 「決算書」の読み方について
解説しています。

「そもそも決算書とは?」「会計数値はなぜ大事?」 などの基本的な
疑問から貸借対照表・損益計算書の読み方、 決算書を見る大事な
「複数の視点」をわかりやすく解説しています。


あなたの会社は建設業の許可が必要かも知れません!「建設業法をズバッときる!許可手続きとコンプライアンス」

【主な内容】
一定の要件に該当する場合、元請・下請の別を問わず、また請負、
委託、 売買等の契約の名称を問わず、建設業となります。

そのため、新規事業を行うとき、業態を変えるときには特に注意が
必要です。 建設業許可が必要となる場合があるからです。

そこで本講座では、 建設業の基礎知識を解説いたします。

◎建設業許可手続編
1. 建設業って知っていますか?
  あなたの会社も実は建設業を営んでいるとして、許可が必要
  かもしれません!?
2. 建設業許可の必要性を考えてみましょう!
  あなたの会社は許可がとれますか?
3. 公共工事の入札参加への道
  許可を生かして、次のステップへ

◎許可業者としてのコンプライアンスと展望編
1. 建設業許可業者として遵守すべきことがあります! 意外とここ
  で行政指導を受けているケース
2. 新たな建設産業担い手としての外国人労働者登用の考察入国
  管理法改正を受けて


システム開発契約の注意点を認識していますか?「IT企業の契約書のポイント」

【主な内容】
システム開発は、その特殊性により、開発の各段階において様々な
トラブルが発生する可能性があります。
本講座では、トラブルを未然に防止するための「トラブル類型」や
「重要なポイント」を学ぶことができます。

◎システム開発契約の特殊性
◎開発過程の多段階性
◎システム開発のトラブル類型
 1. 契約未締結・作業開始型
 2. 契約内容不明確型
 3. プロジェクトマネジメント義務違反・協力義務違反問題型
 4. システムの不具合問題型
 5. 著作権帰属問題型
◎システム開発契約書の注意点
◎多段階契約の採用
◎個別契約の法的性質
 完全合意/仕様書等の変更/再委託の自由/著作権の帰属/クラ
 イアントの協力義務/瑕疵担保責任/損害賠償の範囲


労働トラブル防止には、管理職の知識と対応が必須です。「管理職が知っておくべき労働法」

管理職が労働法を知らないと、
・ハラスメント問題に対応できない
・懲戒や解雇などの効力が否定され、従業員のコントロールが利かなくなる
・問題社員に対応できない
・未払残業代を請求される
という事態になりかねません。

そうなると会社の業績にも大きな影響を与えます。
そこでこのセミナーでは、管理職が知っておかなければならない
労働法の知識を整理し、労働法に依拠した労務管理を行うことで、
会社の労務トラブルを未然に防止し、事業に専念できる
強い会社を作ることを目標にしています。

【セミナーの内容】
・なぜ管理職は労働法をしらないといけないか
・職場におけるハラスメントについて
・問題社員への対応について
・労働時間の管理について


アプリビジネスで知っておくべき法規制とは?「アプリビジネスの法律実務」

アプリビジネスにおいては、多数の当事者がいるため、
様々な法律が関係します。
苦労して開発し、リリースしたアプリが知識不足のために
法律トラブルになると、企業は大きなダメージを受けます。

この講座では、トラブルになる前に知っておくべき主要な
法規制の基礎知識をお伝えします。

アプリビジネスに関連する主な法律
・民法
・資金決済法
・景品表示法
・消費者契約法
・特定商取引法
・商標法/特許法/著作権法
・個人情報保護法 など


インターネットビジネスに係る法規制を守っていますか?「インターネットビジネスの法律実務」

インターネットビジネスでは、さまざま法令が関係してきます。
この講座では、これからネットビジネスを行う人、
または既に行っている人が知っておくべき法規制を把握し、
トラブルを回避するための知識を4段階に分けてお伝えします。

【ウェブ広告に関する法律】
・景品表示法(景表法)
・特定商取引法(特商法)   など

【広告メール配信に関する法律】
・特定電子メール法

【契約に関する法律】
・電子契約法・特商法

【個人情報の取扱について】
・個人情報の第三者提供
・保有個人データに関する事項   など

マイ法務プレミアムのお申し込みはこちら
プレミアムその4 経営に役立つ電子書式
デキる経営者は使っている!相手を動かす交渉術 谷原誠 著
仕事術 仕事管理編 谷原誠 著
プレミアムその5 経営に役立つ!法律相談Q&A 法律相談Q&Aの詳細な解説や判例情報をなどをすべて読むことができます。
プレミアムその6 知っておくべき身近な時事問題の法律解説法律時事問題解説(リーガルアイ)の詳細な解説をすべて読むことができます。
プレミアムその7 経営に役立つ動画解説が見放題 経営者や管理職だけでなく、一般社員のスキルアップにも役立つ講座をご用意しました。動画で何度も学ぶことができます。

IPOを考える経営者のための必須知識

M&Aで経営者・担当者が知っておくべき必須知識

人材育成のための助成金活用術

人材採用成功の秘訣

事例で学ぶ集客チラシ作成講座

事例で学ぶPOP販促デザイン講座

現役アナウンサーが話し方と表情の作り方について徹底解説いたします。お客様を惹きつける表情の作り方と話し方 講師倉島麻帆

顧客信頼度を高めるビジネスマナー今さらきけないビジネスマナー講座 講師ル・シュルサポート 大崎麻美子

探偵が教える!初対面の相手から情報を引き出し読み取る方法

なぜプロフィールと文章の書き方を見直すと仕事が増えるのか? 講師 山口拓郎

自然にお客様が集まる魔法の質問 講師マツダミヒロ

ボディーガードが教える!家族・社員の安全を確保し、自分の身を守る護身テクニック

マイ法務プレミアム 利用者の声

契約書の注意点と債権回収マニュアルの動画が特に役立つ

私の顧問先は、20名前後の中小企業が多いのですが、顧問弁護士を雇っていない 会社がほとんどです。 税務面はサポートできても、契約書の締結やチェックなどの法務面については対応 できません。 そのため、新規の取引や契約について、相談を受けた時は、マイ法務 さんの書式を使用することを勧めています。弁護士先生の監修が入っていること と自社に有利な条項が盛り込まれているからです。

また、動画解説にある「債権回収」については、経営者の方にまず最初に見るように 伝えています。 営業活動によりやっと売上につながった案件でも、売掛金をしっか り回収できないと損益に大きな影響を与えますので。
契約書による事前のリスク回避、滞留したら迅速に動く必要性とその方法が明快に 解説されているので、経営者の方に強くおススメします。

さがら会計事務所
さがら会計事務所
税理士 讃良 周泰 先生
(東京都練馬区)

法務に関する内容が豊富
阿部慎太郎税理士事務所
阿部慎太郎税理士事務所
税理士 阿部 慎太郎 先生
(埼玉県所沢市)

ワード形式で編集できる契約書式数の多さは魅力でした。

それ以上にビジネスマナーやプレゼンテーションの仕方、文章力アップのスキルを 学べる講座なども決め手でした。
動画で学んだスキルを参考に、新規のお客様や相談者様に実践するようにしてい ます。
契約書による法律の守りの部分だけでなく、顧問先拡大につながるビジネススキル などを学べるのはとてもお得です。

これから追加される動画も楽しみです。 また、契約書式は顧問先にもお勧めしてお り、顧問弁護士がいない経営者の方にとても喜ばれています。


契約書に潜むリスクが明確にわかるようになる!

私は、危機管理マニュアル作成や社内犯罪、広報におけるリスクマネジメントのコンサルティング業務を行っています。

今回は、お客様とコンサルタント契約を締結する際に活用させていただきました。
案件やご依頼者様ごとに手を加える必要があるのですが、基本的な項目が盛り込んであるので確認しやすく、注意点も明記されていたので、とても使い勝手が良いものでした。

また、動画解説も役立ちました。盛り込むべき項目と注意すべき項目は、 他の契約締結時にも注意するようにしています。
契約書でのリスク回避のポイントが網羅されているので、経営者は、知っておくべき内容だと思います。

株式会社ブイアイエー
株式会社ブイアイエー
セキュリティマネジメント
代表取締役 菅谷 将宗
(東京都港区)

契約書のチェックポイントが分かりやすい
SESSION DESIGN
SESSION DESIGN
M.S. 様
(京都市上京区)

下請けでデザイン制作の仕事をしております。
お客様へのコンサルティング業務が発生したため、その契約書の締結のために書式を探していたところ、マイ法務さんにたどり着きました。

いままでは、小さな案件の仕事は契約書を締結せずに進めていました。 また、契約書を取り交わす際も相手に提示されるまま印鑑を押していました。

契約書の基礎知識や危険な条項の解説を聞いて、何も知らずに契約を締結するコワさを教えていただき、いまでは、新規契約の際には、しっかりチェックするようにしています。 ありがとうございました!


弁護士に聞くよりも容易に調べることができる

従業員との労働問題に遭遇し、法律的な事項の理解が必要と感じていたところ、「マイ法務プレミアム」では解説動画やQ&Aが充実していたため、申込みをしました。

事前に監修された動画や情報が整理されていて、 弁護士に聞くよりも容易に調べることができる点がよかったです。


有限会社 ともしび
松崎 英人 様
(福岡県北九州市)

自社にとって有利となる契約書作成の方法などが惜しげもなく提示されている点が良い

情報サービス業
M.H.様
(東京都立川市)

従業員数5名以下の外資系日本法人に転職しました。
人事総務、経理、会計についてはアウトソースしており、アドバイスをもらえるのですが、法務関連の専任がいないため、 「これは自分で最低限のことは知っておく必要がある」と思い、マイ法務プレミアムを利用することにしました。

また、副業として自宅でカウンセリングなどもやっており、その部分でも将来こちらのサイトで紹介されている情報が必要になるのでは、というのも一つの理由です。

外資系日本法人としてまだ立ち上がったばかりなので、小規模でありながらも多種多様な要求がきます。ビジネスを拡大するために、新規のビジネスパートナーを獲得し、契約を締結する、ということがこれからどんどん増えてきそうですので、日本の商習慣について本社に説明をする機会がますます増えてきます。

そういったときに、マイ法務プレミアムを参考に、本社経営陣に説明をすることができそうです。
法律関連の書式集のバリエーションが多いだけでなく、自社にとって有利となる契約書作成の方法などが惜しげもなく提示されている点が良いと思います。

また、法律相談のQ&Aや、法務情報、経営に役立つ情報・動画もたくさんあるので助かります。


備えあらば憂いなし

小さな会社で総務・経理を担当している一社員です。
人手が足りず接客に回るときがありますが、接客マナーを学んだのは十数年前の新 入社員の時のみですっかり忘れてしまっていたり、接客慣れしていないので戸惑って しまうときがあります。

お客様に対して失礼なことは言っていないか、リラックスして いただいているかなど気になっていました。

そんなとき、「マイ法務プレミアム」のビジネスマナー講座を見つけて 「あ、これだ!」 と思いました。

また、総務・経理の仕事では基本的な法律の知識も必要になってきます。 もっと知って いれば、「あのとき、こう対応しておけばよかった」と思うこともあるかもしれません。 特に、契約書や下請法などの知識は以前より気になっていました。


不動産関連
T.K.様
(千葉県白井市)

このサービスでは、弁護士の先生が解説している様々な講座を何度も見ることができるということで、「備えあれば憂いなし」そう思って利用しようと思いました。

以前より自己啓発や仕事に役立つ講座を受講してみたいと思っていました。 会社の上司からも「今度の土曜日に○○講座を開催するから行ってみたら」とお誘いを受けたこともありましたが、子供の習い事の試合があったり、 学校行事があったりと出席できませんでした。

「マイ法務プレミアム」では、 こういった講座を自分の空いている時間に利用できること、 途中で中断、再開ができること、何度も見直すことができることがとても気に入っています。

18講座に加え、いろんな書式も利用できるということで、自分のスキルアップのためにも、今後の会社の業務にも役立てていきたいと思います。



マイ法務プレミアムのお申し込みはこちら
マイ法務プレミアムでは、以下の内容をご利用いただけます。
最新情報・法律問題Q&A・時事問題解説・内容証明郵便書式・労務書式・会社法議事録通知書・契約書書式標準版・契約書書式甲乙有利版・新着情報書式のご案内・電子書式 仕事術・電子書式経営者のための交渉術・
プレミアム解説動画・契約書を作る際にしっておくべき基礎知識・結ぶと危ない条項のチェックポイント・債権回収マニュアル・就業規則作成の5つのポイント・会社のために許される解雇許されない解雇・残業代請求対策マニュアル・取締役の法的責任・事務所を賃貸する際に注意するべき法的ポイント・これから相続する人のための法的知識・中小企業の事業譲渡M&Aで必須の法律知識と手続き・請負契約における法律知識と契約実務・会社名や店舗名と商標権との関係・会社がやっておくべきSNS対策と会社が誹謗中傷された場合の対処法・パワハラセクハラの防止対策・インターネットで商品を販売する際に注意すべき法的ポイント・経営者のための決算書入門・建設業法をズバッときる!許可手続きとコンプライアンス・IT企業における契約書のポイント
経営に役立つ動画講座・今さら訊けないビジネスマナー講座・アナウンサー直伝!すぐ使える伝わるスピーチプレゼンの技術・仕事を呼び込む名刺・プロフィールの作り方・ダメな文章を達人の文章に変える!クライアントに響く文章力アップの秘訣・自然にお客様が集まる魔法の質問・ボディガードが教える!家族社員の安全を確保し、自分の身を守る護身テクニック


マイ法務プレミアム 会員登録の流れ
STEP1銀行振込またはカード決済で申し込み
STEP2決済完了後、会員専用ページのログイン情報をお届けします。
STEP3会員専用ページより、書式データのダウンロードや法律動画解説を見ることができます。
マイ法務プレミアムのお申し込みはこちら


お気軽にご相談ください

お問い合わせフォームはこちら

電話でのお問い合わせ(平日10:00~18:00)



マイ法務プレミアムに関するよく頂くご質問

入会について

会社で申し込んだ場合、各部署が利用してもよいのでしょうか?

社員数20名以下の場合、問題ありません。
20名を超えるごとに1ライセンス追加が必要となります。

退会はどのようにすればよいのですか?

課金予定日の前月25日までに、お電話またはメールにて、
退会の旨と本サービス申込み時のお名前、電話番号、メールアドレスをお伝えください。
次回の課金を停止いたします。

登録したクレジットカードを変更したいのですが。

お問い合わせフォームから変更する旨をお知らせください。

法人名の領収書を発行できますか?

年間一括払いのみ発行いたします。PDFダウンロードでのご案内となります。

銀行振込の場合、利用できるまでどのくらいかかりますか?

当社にて入金確認後、2営業日以内に、ID・パスワードをご案内いたします。
お急ぎの場合はカード決済でのお申し込みをお勧めします。

本社(親会社)で申し込んだ場合、関連会社(子会社)が利用してもよいですか?

1社(社員数20名まで)につき、1ライセンスとなります。
関連会社は別途お申し込みが必要です。

途中で退会した場合、残りの分は返金されますか?

商品の性質上、一括払いの返金はございません。

サービスについて

弁護士の先生に相談したり、弁護士の先生を紹介してもらえますか?

いいえ。当社並びに本サービスでは法律相談及び弁護士の紹介は承っておりません。

動画解説をスマートフォンなどで見ることはできますか?

はい。インターネットに接続できる端末であればどこでも視聴できます。

プレミアム会員は継続しますが、メールマガジンの配信を止めたいのですが。

ログインID・PWの変更は、メールマガジンにて毎月変更をいたします。
配信解除をすると変更のお届けができません。
恐れ入りますが、フォルダに振り分けるなどでご対応をお願い申し上げます。

マイ法務提供の契約書を使って、会社に不利益があった場合、
責任は取ってもらえるのですか。

「マイ法務」提供の書式が完全な状態を保証するものではありません。
自社の状況に応じ加筆修正し、自己責任でご利用ください。

ダウンロードした契約書を、知人にメールで送っても良いでしょうか。

プレミアム会員にお申込みいただいたユーザー様以外の使用は認めておりません。

甲有利版と乙有利版がある契約書と無い契約書があるが、
無いものに関しては今後提供されるのでしょうか?

そもそも一方が有利になるであろう契約書では作っておりません。

書式の内容について分からない点がある場合、教えてもらえるのですか?

個別の質問は法律相談になりますので、弁護士法との関係上、お答えできません。



マイ法務プレミアムのお申し込みについて
 

年間一括払い(銀行振込)   

※金額はすべて消費税込み
※カード決済は自動課金です。
※プレミアム会員の退会をご希望の際は、更新日の25日前までにご連絡下さい。 次回以降の決済を停止いたします。
※2年目以降は、年間一括29,800円となります。
特定商取引法に基づく表示 l 利用規約 l プライバシーポリシー