リベンジポルノは犯罪になる!?


動画解説はこちら



「リベンジポルノ」が世界中で問題化しているようです。

リベンジポルノとは、別れた元恋人のプライベート写真や動画などをネットに公開する卑劣な復讐で、日本でも先日、男が元彼女を脅すという事件が起こりました。


事件はこうして起きた

警視庁青梅署は、元交際相手の女性に「交際を続けなければ裸の写真をばらまく」などと脅した無職の男(30)を強要未遂の疑いで逮捕しました。

調べによると、女性が別れ話を切り出した直後から、男は6日間に4回に渡って携帯電話から写真や動画を添付したメールを送信し、脅していたようです。


リーガルアイ

ネットに流出した写真や動画などの情報は完全に回収するのが難しく、いったん流出すると半永久的に世界中でさらされ続けることになります。

ネット社会の現代、リベンジポルノの問題は世界各国で起きています。

アメリカでは、2013年10月1日に施行された「リベンジポルノ非合法化法」によって、嫌がらせ目的で個人的な写真・映像を流出させたとして有罪になると、最高で禁錮6ヵ月もしくは最高1000ドルの罰金刑の対象となりました。

この法律では、合意の上で撮影された写真であっても写った人の同意なく投稿されれば違法とみなされるということです。
一緒に撮影した写真を、相手の同意を得ず、別れた後にネットに投稿すると違法になるということです。

ちなみに、同法では流出者と撮影者が同一人物でない限りこの法律は適用されないという制限があるようです。

日本でも、リベンジポルノの問題は国会でも取り上げられ、法規制の議論も起きています。

2013年10月、東京都三鷹市で起きた女子高生ストーカー殺人事件で加害者が被害者の

無料会員数

お問い合わせボタン

知らないと損をする助成金活用術

b03

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

助成金

b03