相続した土地の相続税路線価の割り出し方と、その際の注意点とは?


祖父が亡くなり、土地を相続することになりました。
国税庁の「路線価図」のホームページを見たのですが、どのように見ればいいのかわかりません。
相続税路線価の具体的な見方、割り出し方を教えてください。

【この記事の著者】 冨田会計・不動産鑑定株式会社 冨田建公認会計士・不動産鑑定士事務所
不動産鑑定士・公認会計士・税理士 冨田 建 http://www.tomitacparea.co.jp/


前回、国税庁の「路線価図」のホームページから相続税路線価の調べ方をお伝えしました。
今回は、具体的に相続税路線価の割り出し方を解説します。

相続税路線価の具体的な割り出し方

ここでは前回同様、東京都千代田区麹町2丁目3番地の土地を相続したと仮定して進めていきます。

まず、「路線価図-国税庁」のサイトを開き、最新の年度のボタンをクリックします。

「東京都」→「路線価図」→「千代田区」→「麹町2」の順に進み、麹町2丁目3番地の土地の路線価の地図を開きます。

平成25年度分の麹町2丁目3番地は東西南北の4方向が道路に面しています。
仮に、新宿通りにのみ面している土地とすると、その道路上に上と下が黒で塗りつぶされた楕円の中に「3510B」と書かれています。

【1】「3510」とは、その地域の相続税路線価の世界での標準的な「㎡あたりの土地の単価」が3,510,000円/㎡という意味です。
図形の中の数字は千円単位で表示されています。

図形は、その地域の相続税路線価の世界での「地区区分」を示します。
じつは路線価図の上部の欄外に凡例が描かれているのですが、この場合の地区区分は

無料会員数

お問い合わせボタン

知らないと損をする助成金活用術

b03

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

助成金

b03