中小企業が特許権を取得するメリットとデメリットとは?


中小企業は、どのような場合に特許権を取得するべきでしょうか?

【この記事の著者】 アイラス国際特許事務所 弁理士 高橋洋平
http://www.irus.jp


特許権を取得するメリットとデメリットを理解すれば、特許権を取得すべき場合が見えてきます。

【特許権を取得するメリット】
①「特許技術の独占実施権」
自社開発した特許技術を含む製品(特許製品)や製法(特許製法)を自社のみが独占的に販売又は使用等することができます。
その結果、需要者は、競合他社から自社特許製品と同等製品を購入することができず、他社との相見積等による価格競争から脱出できます。

②「自社製品の宣伝広告効果」
「特許製品」、「特許製法」、「特許○○○号」など「特許」が記載された宣伝広告は、

お問い合わせボタン

知らないと損をする助成金活用術






無料会員数

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)




b03