特許と実用新案の違いとは?


特許と実用新案の違いについて教えてください。

【この記事の著者】 アイラス国際特許事務所 弁理士 高橋洋平
http://www.irus.jp


以下、特許と実用新案の共通点・相違点、及び、実用新案のメリット・デメリットについて簡単に説明します。

【共通点】
・保護対象は、自然法則を利用した技術的アイディアです。

・権利取得を希望する場合、特許庁に対して出願手続を要します。

・権利取得した場合、他社の模倣品の製造・販売等に対して、差止や損害賠償を請求することができます。


【相違点】
・特許法の保護対象は、技術的アイディアであれば制限はありません。これに対し、実用新案法の保護対象は、物品形状に関する技術的アイディアに限定されます。

・特許権は、特許庁審査官の審査を経て、特許要件(登録要件)を満たす発明(技術的アイディア)にのみに発生します。それに対し、実用新案権は、特許庁審査官が登録要件を審査することなく、出願された考案(技術的アイディア)すべてに発生します。

・特許権の存続期間は、原則、出願日から最大20年です。それに対し、実用新案権の存続期間は、出願日から最大10年です(2014年1月26日現在)。

・特許権を有していれば、他社の模倣品に対し、何ら制限なく権利行使ができます。それに対し、実用新案権を有している場合、他社の模倣品を発見しても、自社の実用新案権の有効性を判断するための「実用新案技術評価書」を特許庁に請求し、それを相手方に提示しなければ、権利行使することができません。


【メリット】
・実用新案権は、ほぼ必ず発生します。
そのため、自社製品パンフレットなどの広告に、「実用新案登録製品」、「実用新案登録○○○号」などの「実用新案登録」という売上向上に貢献する宣伝文句を記載することができます。

・実用新案権取得期間は、通常、特許権取得期間よりも圧倒的に短期間です。実用新案権取得期間は一般的に2~4ヵ月間、特許権取得期間は早期審査時に最短6ヵ月間、通常審査時だと

お問い合わせボタン

知らないと損をする助成金活用術






無料会員数

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)




b03