労働審判とはどのような制度なのか?会社として注意するべき点とは?

労働審判制度とは何ですか?裁判との違いがよくわかりません。
また会社として注意すべき点は、どのような点ですか?


解説

2006(平成18)年4月から始まった労働審判制度は、年々件数が増加していて平成22年度は3,375件の申立てがなされています。その約80%は、調停の成立または労働審判の確定により訴訟に移行せずに終了しています。

平成22年に終結した労働審判事件の平均審理期間は2.4ヵ月で、同年の労働関係民事訴訟の平均審理期間の11.5ヵ月と比べると、かなり迅速な審理が行われているのがわかります。

扱う案件は個別労使紛争全般です。民間の労使の専門家である2名の審判員が審理に加わり、より紛争の実情に即した実効的な解決を図ります。

たとえば、解雇における訴訟の場合、和解が成立しない限り、裁判所は労働者が雇用契約上の地位を有するかどうかという点について

無料会員数

お問い合わせボタン

知らないと損をする助成金活用術

b03

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

助成金

b03