ストレス発散もやりすぎれば犯罪になる!?


動画解説はこちら



ためると厄介なものといえば、借金に家賃、ゴミや迷惑チラシなどさまざまありますが、ストレスもそのひとつでしょう。

仕事、収入、人間関係、健康、家事、育児、勉強……現代人は、多くのストレスにさらされて生きています。

もはや、息抜きやストレス発散法などは、日常に欠かせない重要なテーマとなっています。

ストレス発散は、健康的に、楽しく行いたいものですが、あろうことか、身勝手な迷惑行為でストレスを発散させていた、とんでもない男が逮捕されました。

事件はこうして起きた

2014年1月9日、大阪市の路上で女児(8)に、つばを吐きかけたとして、暴行容疑で逮捕された韓国籍の会社員の男(24)が、「ストレスのはけ口にしていた」と供述を始めたことで、此花署は別の被害者に唾を吐いた暴行容疑で男を再逮捕しました。

現場付近では2012年9月~2013年11月にかけて同様の事件が計17件発生。

被害者は10~40代の女性で、午後8~11時ころ、自転車のすれ違いざまに顔や髪につばを吐く、手でつばをなすりつけるなどの被害が頻発していました。

大阪府警の捜査幹部は、人命にかかわる事件ではないとしても、人間の尊厳を踏みにじる行為だとして、厳しく捜査をしていたようです。

男は当初、「記憶がない」などと供述していたようですが、女児の服に残っていた唾液のDNAの型が一致。他の事件への関与も認め、「女性につばを吐き、気持ちがスッとした」と供述しているということです。

リーガルアイ

「暴行罪」とは、どのような罪なのでしょうか。「刑法」の条文をみてみましょう。

「刑法」第208条(暴行)
暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったときは、2年以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。


人の体を傷つけ、ケガをさせるまではいかなかった行為は「暴行罪」となります。
過去の判例では、暴行罪となったさまざまな行為があります。

〇仰向けに倒れた女性の上に馬乗りになる行為(大阪高判昭29・11・30裁特1-12-584)

〇食塩を他人の顔、胸等に数回振り掛ける行為(福岡高判昭46・10・11判時655-98)

〇狭い4畳半の室内で日本刀の抜き身を振り回す行為(最決昭39・1・28集18-1-31)



日本では古来より、人を追い払おうとするときに、塩をまくことがありますが、

お問い合わせボタン

知らないと損をする助成金活用術



b03


b03


b03


無料会員数

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)




b03