採用応募を増やす方法の記事一覧

2017年2月18日

人材採用で応募を増やすポイント(会社説明会)

会社説明会を工夫しよう! もし、本当に「良い人材を採用したい」あるいは、「採用のミスマッチを防ぎたい」と願っているのであれば、採用試験に会社説明会の時間を設けるこ... 続きを読む
2017年2月18日

採用決定した内定者が入社を迷っている場合

志望していた会社から採用内定が出るとすぐに入社を決断する方もいれば、さんざん迷った末、内定辞退の連絡を入れてくる方もいます。 また、入社するのか、それとも辞退するの... 続きを読む
2017年2月18日

採用する場合に注意すべき金銭の貸し付け

「社内融資(貸付)制度」は、主に大企業で設けられている制度です。 「住宅融資のため」だったり、「生活のため」がその目的ですが、資金的余裕のない中小企業ではほとんど導... 続きを読む
2017年2月18日

採用応募でスキル・経験・健康で重視すべきは?

人材の募集から書類選考・面接を経て、内定を出した社員が入社するまでには多くの時間とコストを費やすことになります。 せっかくかけた時間とコストは無駄にしたくはないです... 続きを読む
2017年2月18日

採用面接で人事担当者が注意すべき質問とは?

条件にこだわりすぎる人・質問内容が細かすぎる人 採用面接の時間も終わりに近づくと、面接官は「何か質問はありませんか?」と聞くことが多いかと思います。 すると「... 続きを読む
2017年2月18日

採用において、社長が注意すべき面談のポイント

社長は経営のプロでも、必ずしも面接のプロとは限らない 「自分は人を見る目には自信がある」と多くの社長はそう言います。 毎日毎日、様々な人々と会い、交渉を重ね、... 続きを読む
2017年2月18日

採用面接でやるべき質問の方法

面接で応募者に対して会社が必ず質問する項目にはどのようなものがあるでしょうか? 新卒採用面接であれば、「志望動機」「学生時代に何をしてきたか」、中途採用面接であれば... 続きを読む
2017年2月18日

採用面接で経営者・人事担当者が注意すべきポイント

やたらと長話する人には要注意 採用面接試験は、応募者にとって面接官とのコミュニケーションをとりながら自己アピールをする場です。 しかし、一方的に自分の考えや思... 続きを読む
2017年2月18日

中小企業は人手不足でも「とりあえず採用」はすべきではない理由

会社が急成長しているような場合、戦力となる社員をどんどん現場に投入したいことでしょう。 例えば、医療・介護や飲食業、ゲームアプリの開発会社等は、職員・社員の入れ替え... 続きを読む
2017年2月18日

新卒採用で人事部が注意すべきポイント

新卒採用試験のみならず、中途採用試験でもエントリーシートを提出させる会社がありますが、ここでは新卒採用試験の場合を前提として話を進めたいと思います。 学生の個性を引... 続きを読む
2017年2月18日

経営者・人事担当者が履歴書・職務経歴書を見るときに注意すべきポイント

履歴書や職務経歴書(あるいはエントリーシート)の中には抽象的な記載内容なものが目立ち、その理由の一つとして「履歴書の使い回し」が考えられると先に述べました。 しかし... 続きを読む
2017年2月18日

履歴書にある過去の経歴に簡単にだまされていないか?

採用選考時に提出してもらう書類には「履歴書」や「職務経歴書」があります。 一見すると自社にとって望ましいと思われる経歴の持ち主からの応募があったりしますが、... 続きを読む
2017年2月18日

募集要項を掲載する時点で応募者への採用ハードルを上げておく

採用市場が売り手市場の時代や景気に関係なく元々敬遠されがちな業界、慢性的な人材不足に悩んでいる企業、あるいは大企業に採用力で劣る中小企業は、創意工夫を凝らした人材集めに注... 続きを読む
2017年2月18日

効果的な求人方法のアイディア ~求人広告媒体は、あえて2番手以降に出稿してみる

最大手の求人媒体は、2番手以降と比較して掲載料が高額な場合があります。 コストを抑えたい、または自社に必要な優秀な人材を確保したいなら、2番手以降の求人媒体は有効で... 続きを読む
2017年2月18日

募集要項だけでなく、採用情報を充実させた自社ホームページをつくる

中小企業が人材を募集しようとする場合、次の方法の中からいくつかのやり方を組み合わせて実施するのが通常です。 ①ハローワークに「求人申込書」を提出して募集する 世間... 続きを読む

 

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在16,986名

知らないと損をする助成金活用術

b03

b03

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

b03