相続税の生前対策として、税理士が相談を受けたり、提案する際、「みなし贈与」への注意は欠かせません。

もし、みなし贈与に該当し、贈与税が課税されると、関与先にとっては、想定外の税金の支払いが発生します。

その原因が、税理士の認識不足であった場合には、責任問題にも発展することでしょう。

税理士が「知らなかった」「うっかりしていた」では済まされないのです。

「みなし贈与」に該当する事例は多岐にわたりますが、税理士が相続税対策を提案・検討する際には、しっかり押さえておくべき論点です。

そこで、みなし贈与に関するの書籍を執筆するなど相続・事業承継対策に詳しい税理士の伊藤俊一先生に、税理士が見落としがちな「みなし贈与」のすべてについて解説していただきました。

ガイダンスはこちら
https://myhoumu.jp/online/lp/zouyo/

  • 許される社労士業務
  • 贈与税を必要経費に算入?
  • 顧問先の役員個人からの税務相談
  • 相続人と連絡が取れない時の対策とは?
  • 税務書類は作成するが、税理士として署名押印をしたくないケース
  • 代表者が不在の場合の申告
おすすめの記事
税理士の不正行為発見義務
税理士損害賠償判例研究
所得税確定申告業務を受託していた税理士が訴えられた事案をご紹介します。 事案 依頼者は、診療所を開設するに当たり、税理士と顧問契約を締結しま...
許される社労士業務
税理士損害賠償判例研究
税理士業務に付随して社会保険業務を行うことがあると思いますが、今回は、その根拠についてです。 社労士法27条は、「社会保険労務士でない者は、...
見落としがちな「みなし贈与」
税理士損害賠償判例研究
相続税の生前対策として、税理士が相談を受けたり、提案する際、「みなし贈与」への注意は欠かせません。 もし、みなし贈与に該当し、贈与税が課税さ...
やむを得ない事情とは?
税理士損害賠償判例研究
大阪地裁平成24年7月4日判決判決です。 事案 納税者は、所得税法(平成23年改正前)70条1項に基づき翌年以降に繰り越される純損失の額を記...
相続人と連絡が取れない時の対策とは?
税理士損害賠償判例研究
「税理士を守る会」での質疑応答事例をご紹介します。 (質問) 相続税申告業務を受任し、相続人と一度お会いし、契約書を締結しました。 その際、...
医師の同族会社行為計算否認裁判例
税理士損害賠償判例研究
所得税の確定申告において、医師が同族会社に支払った高額な不動産賃借料が、所得税法157条1項の「同族会社の行為計算否認規定の適用」により否認...