相続税の生前対策として、税理士が相談を受けたり、提案する際、「みなし贈与」への注意は欠かせません。

もし、みなし贈与に該当し、贈与税が課税されると、関与先にとっては、想定外の税金の支払いが発生します。

その原因が、税理士の認識不足であった場合には、責任問題にも発展することでしょう。

税理士が「知らなかった」「うっかりしていた」では済まされないのです。

「みなし贈与」に該当する事例は多岐にわたりますが、税理士が相続税対策を提案・検討する際には、しっかり押さえておくべき論点です。

そこで、みなし贈与に関するの書籍を執筆するなど相続・事業承継対策に詳しい税理士の伊藤俊一先生に、税理士が見落としがちな「みなし贈与」のすべてについて解説していただきました。

ガイダンスはこちら
https://myhoumu.jp/online/lp/zouyo/

  • 許される社労士業務
  • 贈与税を必要経費に算入?
  • 顧問先の役員個人からの税務相談
  • 相続人と連絡が取れない時の対策とは?
  • 税務書類は作成するが、税理士として署名押印をしたくないケース
  • 代表者が不在の場合の申告
おすすめの記事
代表者が不在の場合の申告
税理士損害賠償判例研究
「税理士を守る会」では、税理士の先生が日常業務で直面する法的トラブルや会社法等の解釈が必要な内容について多数の質問が届いています。 その中で...
税理士事務所M&A対価は、雑所得?
税理士損害賠償判例研究
税理士事務所M&A対価の取り扱いについてです。 平成30年税制改正で事業承継税制の改正がなされておりますが、税理士の事業承継も活発になりそう...
許される社労士業務
税理士損害賠償判例研究
税理士業務に付随して社会保険業務を行うことがあると思いますが、今回は、その根拠についてです。 社労士法27条は、「社会保険労務士でない者は、...