相続税の生前対策として、税理士が相談を受けたり、提案する際、「みなし贈与」への注意は欠かせません。

もし、みなし贈与に該当し、贈与税が課税されると、関与先にとっては、想定外の税金の支払いが発生します。

その原因が、税理士の認識不足であった場合には、責任問題にも発展することでしょう。

税理士が「知らなかった」「うっかりしていた」では済まされないのです。

「みなし贈与」に該当する事例は多岐にわたりますが、税理士が相続税対策を提案・検討する際には、しっかり押さえておくべき論点です。

そこで、みなし贈与に関するの書籍を執筆するなど相続・事業承継対策に詳しい税理士の伊藤俊一先生に、税理士が見落としがちな「みなし贈与」のすべてについて解説していただきました。

ガイダンスはこちら
https://myhoumu.jp/online/lp/zouyo/

おすすめの記事