譲渡所得の申告において、不動産の取得費が分からないケースがあることでしょう。

そこで、取得費不明の不動産について、どのような点に留意して算定すればよいのか?どのように調査すればよいのか?税務調査へのエビデンスとして何を残せばよいのか?など、
不動産鑑定士の視点および税理士の視点実務対応上の留意点を解説いたしました。

オンライン解説の内容

●取得費不明の場合の当局調査対応とエビデンス【講師:税理士 伊藤俊一】

・市街地価格指数の裁決等からみる利用してよい「基準」
・取得費の合理的な推認方法とその限界
・取得費に係る更正の請求論点
・取得費に係る対当局対応に係る論点
・最低限必要なエビデンス 等々

●取得費の具体的算定と調査方法【講師:不動産鑑定士 鎌倉 靖二】

・依頼者へのヒアリング、保管資料の確認方法
・取得時の現地と取引時の状況確認はなぜ重要なのか
・取得費算定のために必要な資料とは
・市街地価格指数をどのように使えばいいのか
・否認されにくい取得費とは

この無料オンライン解説について
この解説セミナーは、「税務SOS」または「土地評価実務研究会」会員限定の無料オンライン解説のため、いずれかの会への入会申し込みが必要です。初月無料会員の方も視聴できます。

「税務SOS(初月無料)」の詳細はこちら
「土地評価実務研究会(初月無料)」の詳細はこちら

講師のご紹介

取得費不明の場合の当局調査対応とエビデンス

税理士 伊藤俊一

伊藤俊一税理士事務所代表
1978年(昭和53年)愛知県生まれ。税理士試験5科目試験合格。
都内コンサルティング会社にて某メガバンク本店案件に係る、
事業再生、事業承継、資本政策、相続税等のあらゆる税分野を担当。
特に、事業承継・少数株主からの株式集約(中小企業の資本政策)・相続税・地主様の土地有効活用コンサルティングは勤務時代から通算すると数百件のスキーム立案実行を経験しており、同業士業からの御相談件数は10,000件(平成31年5月1日現在、税理士・ 公認会計士・弁護士・司法書士等からの御相談業務)を超えており、豊富な経験と実績を有する。
・東京税理士会等セミナー件数は年間約130本を超える。
・厚生労働省ファイナンシャル・プランニング技能検定(国家資格)試験委員
・1級ファイナンシャル・プランニング技能士
・認定経営革新等支援機関

主な著書


「Q&Aみなし配当のすべて」ロギカ書房
「Q&A課税実務における有利・不利判定」ロギカ書房
「Q&A「税理士(FP)」「弁護士」「企業CFO」単独で完結できる 中小企業・零細企業のための M&A実践活用スキーム」ロギカ書房
「Q&A中小・零細企業のための事業承継戦略と実践的活用スキーム」ロギカ書房
「Q&A中小企業のための資本戦略と実践的活用スキーム」ロギカ書房
「Q&A非上場株式の評価と戦略的活用スキーム」ロギカ書房
「みなし贈与のすべて」ロギカ書房

取得費の具体的算定と調査方法

不動産鑑定士 鎌倉靖二

みらい総合鑑定株式会社 代表取締役。
福岡市生まれ。修猷館高校、明治大学政経学部卒業後、
大和ハウス工業株式会社を経て、相続・同族会社専門の
不動産鑑定事務所として2010年創業。

現在、日本全国の税理士事務所、会計事務所向けに相続・贈与における土地評価の現地調査、役所調査、評価額算出、評価方針アドバイス、図面作成、セカンドオピニオン等を主に行っている。

また、同族会社間取引時の鑑定評価を多数行う他、財産評価基本通達の規定では時価よりも高く算出されてしまう無道路地などの鑑定評価、市街地山林の純山林評価の意見書作成や特殊な土地評価のサポート実務を行っている。

2018年、会員組織「税理士のための土地評価実務研究会」を立ち上げ、セミナー動画・個別質問回答・リアルタイム情報発信で土地評価の疑問解決とスキルアップを支援している。税理士会等でのセミナー研修、講演多数。

主な著書

「相続税・贈与税 土地評価実務テキスト」(税務研究会)
「土地評価の実務 減価要因の見つけ方・気付き方」(清文社)
「相続税ゼロの不動産対策」(幻冬舎MC、共著)
「広大地評価ケーススタディ」(中央経済社)等

参加方法

この無料オンライン解説について
この解説セミナーは、「税務SOS」または「土地評価実務研究会」会員限定の無料オンライン解説のため、
いずれかの会への入会申し込みが必要です。初月無料会員の方も視聴できます。

「税務SOS(初月無料)」の詳細はこちら
「土地評価実務研究会(初月無料)」の詳細はこちら

無料オンラインセミナー

おすすめの記事