生前贈与があった場合の遺留分算定のための期間制限について、改正前は、相続人に対する特別受益として贈与された財産については、贈与時期にかかわらず、全て遺留分算定の基礎財産に算入することになっていました。
(民法第1044条、903条)

しかし、改正相続法では、次のように定められました。

その1

相続人に対する生前贈与については、特別受益に該当する贈与であり、かつ、相続開始前10年間にされたものに限り、その価額を遺留分を算定するための財産の価額に算入する。
(民法第1044条3項)

ただし、当事者双方が遺留分権利者に損害を加えることを知って贈与した場合には、10年より前にされたものであっても、遺留分算定のための財産の価額に算入する。
(同条1項)

その2

相続人以外の者に対する生前贈与については、相続開始前の1年間にされたものに限り、その価額を遺留分を算定するための財産の価額に算入する。

ただし、当事者双方が遺留分権利者に損害を加えることを知って贈与した場合には、1年より前にされたものであっても、遺留分算定のための財産の価額に算入する。

まとめ

このように、相続人に対する生前贈与に期間制限がかけられましたので、早期に生前贈与することにより、遺留分の対象からはずす、ということが可能となります。

新事業承継税制とともに、生前の自社株その他資産に移転が促進されるのではないか、と期待されています。

相続法改正の関連記事
  • 相続法改正の中の「遺留分」に関する「期間」について
  • 相続法改正の中の「遺留分」に関する 改正のアウトライン
おすすめの記事
青色事業専従者に関する否認判例
税理士損害賠償判例研究
今回は、税理士が、妻を青色事業専従者として、給与を事業所得の金額の計算上必要経費に算入して確定申告としたところ、「労務の対価として相当である...
実務講座(ダイジェスト)
税理士業務に役立つ動画
税理士が間違えやすい自社株評価 税務調査を予防するための知識 書面添付の実践手法 不動産を活用した相続対策の真実...
医師の同族会社行為計算否認裁判例
税理士損害賠償判例研究
所得税の確定申告において、医師が同族会社に支払った高額な不動産賃借料が、所得税法157条1項の「同族会社の行為計算否認規定の適用」により否認...