税理士の先生より「会計データを第三者に渡す際に気をつけるべきこと 」について、
税理士を守る会でご質問をいただきましたのでご紹介いたします。

質問

当事務所で入力した会計データを第三者に渡す際に気をつけるべきことをご教示ください。

〔概要〕

私どもの法人顧客がM&Aを考えています。そして、ある公認会計士事務所にコンサルを依頼しています。

今まで、顧客からの依頼がなかった(提案はしたのですが、別途有料となるため店舗別損益は結構ですとのこと)ので、店舗別の損益表は作成してきませんでした。

コンサル会社は、店舗別の損益を把握したいためか、当事務所が作成した会計データがほしいと、顧客を通して依頼がありました。

会計データは、公認会計士事務所に販売したいと考えています。

回答

本件では、二面関係で法律関係を処理する必要があります。

・先生と顧問先の関係
・先生とコンサル会社の関係

1  先生と顧問先の関係

顧問先の会計データを第三者に提供することになりますので、守秘義務解除に関する顧問先の承諾が必要です。

また、それを販売するとするならば、・・・

さらに詳しくは「税理士を守る会(初月無料)」にて解説しています。

初月無料で税務の質問に回答(職員・スタッフからの質問も可)

おすすめの記事