税理士の先生より「異なる階で事務所を開設すると、複数事務所か」について、
税理士を守る会でご質問をいただきましたのでご紹介いたします。

質問

税理士事務所が存するビルに、異なる階に新たに部屋を借り、増床しようと考えています。その部屋には税理士事務所の所属税理士および従業員が常駐することになります。

この場合、複数事務所として懲戒の対象になるのでしょうか。

回答

税理士法40条 3 項は、「税理士は、税理士事務所を二以上設けてはならない。」と規定しています。

そして、税理士法基本通達40-1は、「法第40条に規定する「事務所」とは、継続的に税理士業務を執行する場所をいい、継続的に税理士業務を執行する場所であるかどうかは、外部に対する表示の有無、設備の状況、使用人の有無等の客観的事実によって判定するものとする。」と規定しています。

判断基準の例示として、

⑴ 外部に対する表示の有無
⑵ 設備の状況
⑶ 使用人の有無

が挙げられていますが、これらに限定されません。

この規定の趣旨は…

さらに詳しくは「税理士を守る会(初月無料)」にて解説しています。

初月無料で税務の質問に回答(職員・スタッフからの質問も可)

おすすめの記事