税理士を守る会に入会すると、以下の実務講座をご利用いただけます。

税理士が知っておくべき士業の経費とは?

税理士懲戒処分で注意すべき事例とは?

名義預金の判断で知っておきたい判例解説

節税策が否認され損害賠償義務の判決を受けた事例

名義株で損害賠償請求を受けないために

税理士の守秘義務 (税理士法38条)違反が問われた裁判例

役員に対する債務免除が給与等になる場合とは?

会計データは税理士のものか、依頼者のものか?

「生命保険金は遺留分の対象となりません」は正しいか?

配偶者の青色事業専従者給与

物納・延納で税理士が損害賠償請求された3つの事例 

信託活用法~税理士は信託法をこう使おう!~

できれば受任したくない時の契約書の書式解説

期間限定募集

今回の募集は 5月11日(土)までです。初月無料で利用できます。

  • 退職税理士、職員による顧客奪取は違法か?(誓約書がない場合)
  • 実務講座(ダイジェスト)
  • 税理士業務に役立つ解説動画(ダイジェスト)
  • 役員退職給与の過大性の判断基準と税賠防止策
おすすめの記事
贈与税を必要経費に算入?
税理士損害賠償判例研究
大阪地裁平成29年3月15日判決です。 賃貸用不動産を贈与により取得した際に納付した贈与税を不動産所得の必要経費に算入したところ、否認された...
贈与税の納税義務発生時期がずれる?
税理士損害賠償判例研究
「贈与税の納税義務の発生時期に関する裁判例」 をご紹介します。 贈与税は、贈与による財産の取得の時に納税義務が発生します(国税通則法第15条...
やむを得ない事情とは?
税理士損害賠償判例研究
大阪地裁平成24年7月4日判決判決です。 事案 納税者は、所得税法(平成23年改正前)70条1項に基づき翌年以降に繰り越される純損失の額を記...
事業所得と給与所得の区別
税理士損害賠償判例研究
東京地裁平成24年9月21日判決です。 事案 納税者は、麻酔科医で、複数の病院から得ている個人の所得を麻酔科医師業の業務委託に基づく事業所得...