「税理士を守る会」での質疑応答事例をご紹介します。

(質問)

相続税申告業務を受任し、相続人と一度お会いし、契約書を締結しました。

その際、必要書類をご説明し書類が揃いましたらご連絡くださいとお伝えしました。

その後一向に連絡がなかったためこちらから何度も携帯に連絡をしているのですが全く連絡がとれません。

申告まで3ヵ月をきってしまうためこれ以上連絡が取れないと申告期限までに申告するのが難しくなってきます。

万が一このまま連絡がとれず申告期限が過ぎてしまった場合業務契約を結んでいるので税理士に何かしらの責任はあるのでしょうか。

また申告期限間近になりご連絡があった場合に申告期限に間に合わない場合税理士に責任はあるのでしょうか。

(回答)

委任契約を締結している以上、申告期限が経過した場合には、税理士に法的責任が発生する可能性があります。

そこで、今から1ヶ月以内に、業務契約解除を視野に入れて、証拠作りをしていくのがよろしいかと思います。

これまで電話連絡をして不在だった、ということですが、その際の日時のメモは作っているでしょうか。

連絡した日時のメモを作成することをおすすめします。

次に、書留にて、「○月○日に書面にてお願いしましたが、申告期限が平成30年○月○日なので、早急に下記書類を提出してください。

○月○日、○月○日に携帯電話にお電話しましたが、つながらなかったので、本書面をお送りします」

というような手紙を送ります。書留で送るのは、証拠作りのためと、在宅して手紙を受け取る状況にあるかどうか、を確認するためです。

それでも連絡がない場合、また何度かお電話し、その日時を記録します。

手紙が到達して2週間程度経過したら、内容証明にて、「平成●年●月●日に業務契約を締結しましたが、その後、連絡が取れず、何度もお電話し、また、●月●日づけでお手紙も差し上げましたが、連絡が取れない状況です。

このままでは、業務契約に基づく業務を行うことができませんので、平成●月●月●日までに、下記書類の全てをご提出いただかない場合には、同日の経過をもって、業務契約を
解約させていただきます。

なお、同日経過後に書類をいただいても業務を行うことはできませんので、ご承知おきください」

というような内容を送ります。

同日が経過したら、お預かりしている書類があれば、書留にて返却して終了となります。

連絡が取れた場合も、再度連絡が取れなくなり、申告期限経過リスクがありますので、電話だけでなく、都度証拠を残しておくことをおすすめします。

今回は、以上です。

  • 許される社労士業務
  • 贈与税を必要経費に算入?
  • 顧問先の役員個人からの税務相談
  • 相続人と連絡が取れない時の対策とは?
  • 税務書類は作成するが、税理士として署名押印をしたくないケース
  • 代表者が不在の場合の申告
おすすめの記事
税理士の不正行為発見義務
税理士損害賠償判例研究
所得税確定申告業務を受託していた税理士が訴えられた事案をご紹介します。 事案 依頼者は、診療所を開設するに当たり、税理士と顧問契約を締結しま...
贈与税を必要経費に算入?
税理士損害賠償判例研究
大阪地裁平成29年3月15日判決です。 賃貸用不動産を贈与により取得した際に納付した贈与税を不動産所得の必要経費に算入したところ、否認された...
税法における文理解釈とは?
税理士損害賠償判例研究
文理解釈とは、法規の文字・文章の意味をその言葉の使用法や文法の規則に従って確定することによってなされる解釈です。 「租税法 第22版」(弘文...
税理士業務に役立つ書式集
税理士業務に役立つ書式集
税理士を守る会の正会員(2ヶ月目以降)の方には、日常実務で役立つ書式も定期的に追加でご案内いたします。 税理士業務に役立つ書式 ※谷原弁護士...
許される社労士業務
税理士損害賠償判例研究
税理士業務に付随して社会保険業務を行うことがあると思いますが、今回は、その根拠についてです。 社労士法27条は、「社会保険労務士でない者は、...
貸倒損失の立証責任とは?
税理士損害賠償判例研究
立証責任についてご紹介します。 課税要件事実の立証責任については課税庁が負う、という点については、ご承知のとおりです。 判例1 最高裁は次の...
所得の帰属に関する裁判例
税理士損害賠償判例研究
所得税法12条は、資産又は事業から生ずる収益の法律上帰属するとみられる者が単なる名義人であって、その収益を享受せず、その者以外の者がその収益...