3月の確定申告期限までに、膨大な申告書を作成すると思います。

通常は、税理士として、申告書に問題なく署名押印をすることがあると思います。

しかし、中には、資料不足や内容に疑義がある等の理由で、署名押印したくない、という場合があると思います。

そのような場合に、「税務書類は作成するが、税理士として署名押印はしない」ということが許されるでしょうか。

この点については、税理士法第33条があります。

まず、1項は、「税務代理をする場合」には、税務代理に係る税理士は、当該申告書等に署名押印しなければならない、されています。

では、「税務書類を作成するだけ」の場合はどうでしょうか。

この場合は、同条2項です。

「税理士又は税理士法人が税務書類の作成をしたときは、当該税務書類の作成に係る税理士は、当該書類に署名押印しなければならない。」

とされています。

しがたって、税務書類を作成しただけの税理士も税務書類には署名押印しなければいけないことになります。

しかし、税務代理はしない、ということなので、税務代理権限証書は提出しません。

税務書類に税理士として署名押印は、するが、税務代理権限証書は提出せず、本人が提出する、ということになります。

今回は、以上です。

  • 許される社労士業務
  • 贈与税を必要経費に算入?
  • 顧問先の役員個人からの税務相談
  • 相続人と連絡が取れない時の対策とは?
  • 税務書類は作成するが、税理士として署名押印をしたくないケース
  • 代表者が不在の場合の申告
おすすめの記事
見落としがちな「みなし贈与」
税理士損害賠償判例研究
相続税の生前対策として、税理士が相談を受けたり、提案する際、「みなし贈与」への注意は欠かせません。 もし、みなし贈与に該当し、贈与税が課税さ...
実務講座(ダイジェスト)
税理士業務に役立つ動画
税理士が間違えやすい自社株評価 税務調査を予防するための知識 書面添付の実践手法 不動産を活用した相続対策の真実...
贈与税を必要経費に算入?
税理士損害賠償判例研究
大阪地裁平成29年3月15日判決です。 賃貸用不動産を贈与により取得した際に納付した贈与税を不動産所得の必要経費に算入したところ、否認された...
代表者が不在の場合の申告
税理士損害賠償判例研究
「税理士を守る会」では、税理士の先生が日常業務で直面する法的トラブルや会社法等の解釈が必要な内容について多数の質問が届いています。 その中で...
医師の同族会社行為計算否認裁判例
税理士損害賠償判例研究
所得税の確定申告において、医師が同族会社に支払った高額な不動産賃借料が、所得税法157条1項の「同族会社の行為計算否認規定の適用」により否認...