税理士の先生より「協業組合の自己株式の取得の可否」について、
税理士を守る会でご質問をいただきましたのでご紹介いたします。

質問

協業組合は自己株式を取得できますか。

できない場合は、既存組合員が買わざるを得ないのでしようか。

回答

協業組合は、「中小企業団体の組織に関する法律」(以下、「法」といいます)に規定する協業組合であることを前提として検討します。

また、協業組合は株式を発行しませんので、自己株取得ではなく、「協業組合が組合員の有する持分を取得することができるか」というご質問として理解したいと思います。

同法には、自己持分の取得に関する条項はありません。

また、法 5 条14の 4 項は、協同組合法17条 2 項から 4 項を準用しています。

協同組合法171条 2 項は…

さらに詳しくは「税理士を守る会(初月無料)」にて解説しています。

初月無料で税務の質問に回答(職員・スタッフからの質問も可)

おすすめの記事