東京地裁平成24年9月21日判決です。

事案

納税者は、麻酔科医で、複数の病院から得ている個人の所得を麻酔科医師業の業務委託に基づく事業所得であるとして所得税の確定申告をしていたものです。

税務署は、これを給与所得であると認定し、更正処分をしました。

納税者は、各病院から手術室における麻酔を受託しており、麻酔医療を実施するか否かを含め、麻酔医療という役務を提供するにつき、病院の誰からも指揮命令・監督を受ける立場にないと主張しました。

判決

一般論

事業所得の本質は、自己の計算と危険において独立して反復継続して営まれる業務から生ずる所得である点にあり、給与所得の本質は、自己の計算と危険によらず、非独立的労務、すなわち使用者の指揮命令ないし空間的、時間的な拘束に服して提供した労務自体の対価として使用者から受ける給付である点にあると考えられる。

事業所得に該当するか、給与所得に該当するかは、以下の点を総合的に考慮する。

自己の計算と危険によってその経済的活動が行われているかどうか、すなわち経済的活動の内容やその成果等によって変動し得る収益や費用が誰に帰属するか

費用が収益を上回る場合などのリスクを誰が負担するか

遂行する経済的活動が他者の指揮命令を受けて行うものであるか否か

経済的活動が何らかの空間的、時間的拘束を受けて行われるものであるか否か

事案への当てはめ

納税者に対しては、原則として定額の報酬が支払われている。

医療行為等に対する対価として患者や公的医療保険から病院に支払われる診療報酬の金額の多寡に応じて納税者に対する報酬が変動する報酬体系にはなっていない。

麻酔業務から生ずる費用は、基本的に病院が負担しており、納税者は費用が収益を上回る危険を負担していない。

納税者は、麻酔を担当する前日に、病院からファクシミリ送信の方法により、患者数や各手術の内容等の情報の提供を受けてこれに従っていたことが認められ、このような麻酔という業務を行う対象、場所、時間など業務の一般的な態様について病院の指揮命令に服していたものと認められる。

納税者の業務は、病院の経営する病院内で術中麻酔管理等を行うことであったこと、病院においては他の非常勤職員と同様に出勤簿で納税者の勤務時間を管理していたことがそれぞれ認められ、は病院の空間的、時間的拘束に服していたと認められる。

結論

所得税法28条1項に規定する給与所得に当る。

解説

個人の所得が事業所得に該当するか、給与所得に該当するか、判断に迷う場面もあると思います。

大きなポイントは、

(事業所得)
自己の計算と危険において独立して反復継続して営まれる業務から生ずる所得か。

(給与所得)
自己の計算と危険によらず、非独立的労務、すなわち使用者の指揮命令ないし空間的、時間的な拘束に服して提供した労務自体の対価として使用者から受ける給付であるか

という点になります。

本判例を業務の参考にしていただければと思います。

  • 許される社労士業務
  • 贈与税を必要経費に算入?
  • 顧問先の役員個人からの税務相談
  • 相続人と連絡が取れない時の対策とは?
  • 税務書類は作成するが、税理士として署名押印をしたくないケース
  • 代表者が不在の場合の申告
おすすめの記事
貸倒損失の立証責任とは?
税理士損害賠償判例研究
立証責任についてご紹介します。 課税要件事実の立証責任については課税庁が負う、という点については、ご承知のとおりです。 判例1 最高裁は次の...
贈与税の納税義務発生時期がずれる?
税理士損害賠償判例研究
「贈与税の納税義務の発生時期に関する裁判例」 をご紹介します。 贈与税は、贈与による財産の取得の時に納税義務が発生します(国税通則法第15条...
やむを得ない事情とは?
税理士損害賠償判例研究
大阪地裁平成24年7月4日判決判決です。 事案 納税者は、所得税法(平成23年改正前)70条1項に基づき翌年以降に繰り越される純損失の額を記...
納税者が立証責任を負う場合とは?
税理士損害賠償判例研究
立証責任 金地金の売却にかかる取得費の立証責任について判断された事例 (大阪地裁平成28年10月13日判決) 税務訴訟における立証責任につい...
代表者が不在の場合の申告
税理士損害賠償判例研究
「税理士を守る会」では、税理士の先生が日常業務で直面する法的トラブルや会社法等の解釈が必要な内容について多数の質問が届いています。 その中で...
税理士の不正行為発見義務
税理士損害賠償判例研究
所得税確定申告業務を受託していた税理士が訴えられた事案をご紹介します。 事案 依頼者は、診療所を開設するに当たり、税理士と顧問契約を締結しま...