税理士を守る会に入会すると、以下の実務講座をご利用いただけます。

税理士が知っておくべき新事業承継税制の基礎と応用



相続税業務の税務調査における予防と対策



税務調査を予防するための知識



クリニック顧問先開拓法と支援実務のポイント



クリニック・病院の継承に必要な法律基礎知識



不動産を活用した相続対策の真実



税理士が間違えやすい自社株評価



書面添付の実践手法



期間限定募集

今回の募集は 5月11日(土)までです。初月無料で利用できます。

  • 退職税理士、職員による顧客奪取は違法か?(誓約書がない場合)
  • 実務講座(ダイジェスト)
  • 税理士業務に役立つ解説動画(ダイジェスト)
  • 役員退職給与の過大性の判断基準と税賠防止策
おすすめの記事
貸倒損失の立証責任とは?
税理士損害賠償判例研究
立証責任についてご紹介します。 課税要件事実の立証責任については課税庁が負う、という点については、ご承知のとおりです。 判例1 最高裁は次の...
申告書に関する錯誤を認めた裁判例
税理士損害賠償判例研究
今回は、申告書の記載内容に関する錯誤を認めた裁判例を2つご紹介します。 錯誤を認めた裁判例は珍しいので、どんな事例で認められるのか、確認して...
納税者が立証責任を負う場合とは?
税理士損害賠償判例研究
立証責任 金地金の売却にかかる取得費の立証責任について判断された事例 (大阪地裁平成28年10月13日判決) 税務訴訟における立証責任につい...
顧問先の役員個人からの税務相談
税理士損害賠償判例研究
「顧問先の役員個人に対する税務上の 説明助言義務違反が問われた裁判例」 をご紹介します。 東京地裁平成12年6月30日判決(TAINS Z9...
税務調査と秘密録音
税理士損害賠償判例研究
税務調査の際、課税庁職員の態度に問題があるような場合、秘密裏に録音をすることがあると思います。 それ自体は違法ではありません。 しかし、後で...