税理士を守る会の正会員(2ヶ月目以降)の方には、
日常実務で役立つ書式も定期的に追加でご案内いたします。

税理士業務に役立つ書式

谷原弁護士が個別に依頼を受けて書類を作成する時には、「※」の弁護士報酬をいただいておりますが、「税理士を守る会」会員の方には、特典書式として順次ご案内いたします。

会計業務再委託契約書


記帳代行などを第三者に再委託するための契約書です。
※実務でご依頼を受けて個別に作成する場合は3万円で提供しています。

スタッフ採用時の誓約書


税理士法が適用されないため、守秘義務、競業避止義務、損害賠償の定め、関与先や従業員の引き抜き防止などを誓約させるものです。
※実務でご依頼を受けて個別に作成する場合は3万円で提供しています。

税理士事務所用就業規則


日税連が配布している就業規則を服務規律や禁止事項等でパワーアップしています。
※実務でご依頼を受けて個別に作成する場合は3万円で提供しています。

以下の書式は、3か月目にご案内予定です。

税理士業務契約書(年1業務)


年1度だけ業務を受任する場合の契約書。
※実務でご依頼を受けて個別に作成する場合は3万円で提供しています。

税理士賠償請求プロテクト契約書(相続税編)


相続税に関しては、消費者契約法への配慮が必要なので、異なる契約書を使用する必要があります。
※実務でご依頼を受けて個別に作成する場合は3万円で提供しています。

期間限定募集

今回の募集は 5月11日(土)までです。初月無料で利用できます。

  • 税理士業務に役立つ書式集
  • 役員退職給与の過大性の判断基準と税賠防止策
おすすめの記事
所得の帰属に関する裁判例
税理士損害賠償判例研究
所得税法12条は、資産又は事業から生ずる収益の法律上帰属するとみられる者が単なる名義人であって、その収益を享受せず、その者以外の者がその収益...
見落としがちな「みなし贈与」
税理士損害賠償判例研究
相続税の生前対策として、税理士が相談を受けたり、提案する際、「みなし贈与」への注意は欠かせません。 もし、みなし贈与に該当し、贈与税が課税さ...
相続人と連絡が取れない時の対策とは?
税理士損害賠償判例研究
「税理士を守る会」での質疑応答事例をご紹介します。 (質問) 相続税申告業務を受任し、相続人と一度お会いし、契約書を締結しました。 その際、...
事業所得と給与所得の区別
税理士損害賠償判例研究
東京地裁平成24年9月21日判決です。 事案 納税者は、麻酔科医で、複数の病院から得ている個人の所得を麻酔科医師業の業務委託に基づく事業所得...
納税者が立証責任を負う場合とは?
税理士損害賠償判例研究
立証責任 金地金の売却にかかる取得費の立証責任について判断された事例 (大阪地裁平成28年10月13日判決) 税務訴訟における立証責任につい...