夫婦財産契約



※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

書式の一部抜粋(本文)

夫婦財産契約

本 籍
住 所
(夫)
本 籍
住 所
(妻)

上記当事者は婚姻するために、その届出前に、次のとおり夫婦財産契約を締結した。

第1条(夫の固有財産) 次に記載するものは夫固有の財産とする。
一 東京都○○区○○町○○丁目○○番○○号所在
宅地○.○○平方メートル
二 一の宅地上の建物 家屋番号○○番
木造瓦葺平屋建居宅一棟 床面積○.○○平方メートル
三 ○○株式会社発行の普通株式○万株
第2条(妻の固有財産) 次に記載するものは夫固有の財産とする。
一 東京都○○区○○町○○丁目○○番上の建物 家屋番号○○番
木造瓦葺2階建居宅2棟 床面積○.○○平方メートル
二 ○○銀行○○支店の定期預金(○○○万円)
第3条(共有財産) 上記以外の財産は、すべて夫婦の共有とする。
第4条(妻の固有財産の管理者) 妻の固有財産の使用、収益及び管理は夫がする。
第5条(婚姻中に得た財産の帰属) 婚姻中夫又は妻が新たに得た財産は、夫婦の共有とする。
第6条(協議) 本契約に定めのない事項または本契約の規定に関して生じた疑義については甲乙協議のうえ解決する。協議の調わないときは民法等法令の規定に従うものとする。
第7条(管轄合意) 甲及び乙は、本契約に関して紛争が生じた場合には、○○地方裁判所を第一審の専属的裁判所とすることを合意する。

書式内で注意すべきポイント

注1 民法は、夫婦が婚姻前に財産関係について別段の取り決めをしなかった場合をまず規定し(夫婦財産制、760条以下)、次に右規定の民法で定められている財産関係と異なった取り決めをした場合を規定している。この後者の取り決めを夫婦財産契約という。夫婦財産契約は、その要件が厳格なこと、国民のこれに対する関心がないことと相まって実際に締結された例は極めて少なく、ほとんどの夫婦が法定財産制に従っている。
注2 ・・・・・
注3 ・・・・・
注4 ・・・・・
注5 ・・・・・
注6 ・・・・・
注7 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



b03  b03

新着記事

2017年1月13日

上司からの暴言、土下座強要はパワハラ?それとも犯罪?

近年、職場のいじめ=パワハラに関する報道が増えています。 しかし、どのような行為をするとパワハラになるのか、そしてパワハラが犯罪になる可能性もあるこ... 続きを読む
2017年1月11日

同一労働同一賃金で待遇差が問題になる場合とは?

「同一労働同一賃金」の考え方が重要であることは認識しているのですが、では正規と非正規との間の待遇差について具体的にはどういった場合に「不合理」とされる可能... 続きを読む
2017年1月6日

人間をポイ捨て!?タクシー運転手が犯した罪とは?

タクシーの運転手が寝込んだ乗客を道路に置き去りにして死亡させたという事件が発生しました。 タクシーの運転手は寝ていた乗客を起こそうとしたのか? 会... 続きを読む

お問い合わせボタン

知らないと損をする助成金活用術

無料会員数

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)




b03