解約合意書(建物賃貸借)の雛形




※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

この書式は、解約合意書のひな形です。

<関連書式>
解約合意書(土地の賃貸借)

書式の一部抜粋(本文)

解約合意書
賃貸人○○○○(以下「甲」という。)と賃借人○○○○(以下「乙」という。)は、後記物件目録記載の物件について平成○年○月○日に締結した建物賃貸借契約(以下「本件賃貸借契約」という。)を、以下のとおり解約することに合意する。
第1条 甲と乙は、本日、本件賃貸借契約を合意解約した。
第2条 甲は、乙に対し、本件建物の明渡しを、平成○年○月○日まで猶予する。
第3条 第2条の明渡時に乙が本件建物内に残置した動産類があるときは、その所有権を放棄したものとして、甲において任意処分することに、乙は異議がない。
第4条 乙が本件建物の明渡しを遅滞したときは、乙は、甲に対し、第2条記載の明渡日の翌日から明渡済みまで月額○○円の割合による損害金を支払う。
第5条 甲と乙は、本契約書に定めるほか、本件に関し、甲乙間には何らの債権債務のないことを相互に確認する。
本合意成立の証として、本合意書2通を作成し、甲乙相互に署名又は記名・捺印の上、各1通を保有することとする。
平成○年○月○日
甲 住 所
氏 名            ㊞

乙 住 所
氏 名            ㊞
(物件目録)
<建物>
名称 ○○ビル
所在地 東京都○○区○○町○丁目○番○号(住居表示)
構造規模 鉄骨造・一部鉄筋コンクリート造 地上○階建
<貸室>
○階 ○○○号室
面積 ○○平方メートル


書式内で注意すべきポイント

※1 解約の対象となる契約を具体的に特定します。
※2 解約の結果、建物の明渡しを猶予する場合、その明渡し日について明確に定めます。
※3 解約の条件として、賃貸人が立退料を支払う場合もあり、その場合は、立退料の金額や、支払方法などについても記載します(「合意解約書(土地賃貸借)」参照)
※4 ・・・・・
※5 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



 


 


新着記事

2018年6月21日

固定資産税の特例措置に代わる新制度について

平成30年度の税制改正で、固定資産税の特例措置に代わる制度についての改正があるようですが、その具体的な内容を教えてください。 【この記事の監... 続きを読む
2018年6月19日

労働条件通知書に明示すべき事項とは?

先日、当社に入社する予定の社員に対し「労働条件通知書」を交付しました。 その後、本人から「残業に関する項目がありませんけど……」と質問を受けました。... 続きを読む
2018年6月13日

事業承継が円滑にできる!税制改正による特例措置とは?

税制改正により事業承継がしやすくなったと聞きましたが、具体的な内容について教えてください。 【この記事の監修者】 讃良周泰税理士事務所 税理... 続きを読む

 

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在16,986名

知らないと損をする助成金活用術

b03

b03

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

b03