契約書のひな形、内容証明郵便書式、労務書式、
会社法議事録・通知書のテンプレートが無料

 

解約合意書(建物賃貸借)の雛形

無料ダウンロード
書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

この書式は、解約合意書のひな形です。

<関連書式>
解約合意書(土地の賃貸借)

書式の一部抜粋(本文)

解約合意書
賃貸人○○○○(以下「甲」という。)と賃借人○○○○(以下「乙」という。)は、後記物件目録記載の物件について令和○年○月○日に締結した建物賃貸借契約(以下「本件賃貸借契約」という。)を、以下のとおり解約することに合意する。
第1条 甲と乙は、本日、本件賃貸借契約を合意解約した。
第2条 甲は、乙に対し、本件建物の明渡しを、令和○年○月○日まで猶予する。
第3条 第2条の明渡時に乙が本件建物内に残置した動産類があるときは、その所有権を放棄したものとして、甲において任意処分することに、乙は異議がない。
第4条 乙が本件建物の明渡しを遅滞したときは、乙は、甲に対し、第2条記載の明渡日の翌日から明渡済みまで月額○○円の割合による損害金を支払う。
第5条 甲と乙は、本契約書に定めるほか、本件に関し、甲乙間には何らの債権債務のないことを相互に確認する。
本合意成立の証として、本合意書2通を作成し、甲乙相互に署名又は記名・捺印の上、各1通を保有することとする。
令和○年○月○日
甲 住 所
氏 名            ㊞

乙 住 所
氏 名            ㊞
(物件目録)
<建物>
名称 ○○ビル
所在地 東京都○○区○○町○丁目○番○号(住居表示)
構造規模 鉄骨造・一部鉄筋コンクリート造 地上○階建
<貸室>
○階 ○○○号室
面積 ○○平方メートル

書式内で注意すべきポイント

※1 解約の対象となる契約を具体的に特定します。
※2 解約の結果、建物の明渡しを猶予する場合、その明渡し日について明確に定めます。
※3 解約の条件として、賃貸人が立退料を支払う場合もあり、その場合は、立退料の金額や、支払方法などについても記載します(「合意解約書(土地賃貸借)」参照)
※4 ・・・・・
※5 ・・・・・

新着記事

2023年02月02日

医師が医療法人化する税制上のメリットと設立する際の注意点

個人事業主が節税する方法の一つに法人成りがありますが、医師についても医療法人化することで節税等のメリットを享受できます。 本記事では法人に事業形態を変...
2023年02月02日

所得税の非課税所得に該当する種類と課税・非課税の判断基準

会社からの給与や個人事業主の利益は、基本的にすべて所得税の課税対象となりますが、例外的に所得税が課されない非課税所得も存在します。 本記事では非課...
2023年02月01日

裁量労働制の改正予定について

当社はシステムエンジニアが多数在籍しているIT企業で、専門業務型裁量労働制を導入しています。今後、専門業務型裁量労働制等が改正される可能性がある...