ウソを広めると逮捕される?オオカミ少年は犯罪者!?


%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88%e3%80%80145


地震の夜、ウソのツイートをした20歳の男が逮捕されたという事件について解説します。

そのウソの内容とは……

事件はこうして起きた

「“ライオン逃げた”熊本地震直後にうそツイート 男を逮捕」(2016年7月20日 NHK NEWS WEB)

2016年の4月14日、熊本県で最大震度7を記録した地震が発生。

その夜に、ウソの内容をツイッターに投稿した神奈川県在住の会社員の男(20)が偽計業務妨害の疑いで逮捕された。

男は、「地震のせいで動物園のライオンが逃げた」などとツイート。
文章とともに道路上にライオンがうろつく画像も投稿していた。

その後、この偽ツイートを信じた人などから熊本市動植物園に100件以上の電話の問い合わせがあり、職員が対応に追われたことで飼育員が獣舎などの点検をスムーズに行えないという事態が発生。

また、熊本市民などからは警察に「ライオンが逃げているので避難できない」という相談が相次いだという。

警察の発表によると、災害時にデマを流したことによる業務妨害容疑で逮捕されるケースは全国で初めてだという

リーガルアイ




イソップ童話に「オオカミ少年」という有名な話があります。

ある村に住む羊飼いの少年が、退屈しのぎに「オオカミが出たぞ!」とウソをついたことで、信じた大人たちは武器を持ってオオカミ退治を始め、村中が大騒動に。

徒労に終わった大人たちの姿を見て味をしめた少年は、その後、何度もウソをつき、その度に大人たちは騙されてしまいます。

しかし、そんなウソはいつまでも通用しませんでした。
大人たちは、ついには少年の話を信じなくなってしまいます。

そんなある日、村に本当のオオカミがやって来ます。
もう大人たちの中には誰一人、少年の話を信じる者はいませんでした。

結果、村中のすべてのヒツジがオオカミに食べられてしまいました……というお話です。

ちなみに、このお話には、最後に少年がオオカミに食べられてしまうというパターンも存在するようです。

今回の事件、時代も場所も動物の種類も違いますが、まるでネット上のオオカミ少年のような話だと感じた人もいるでしょう。

しかし、注意してください。
現代では、真実ではないウソやデマを不特定多数の人に広めたり、人の信用を損なったり、人の業務を妨害すると犯罪になる可能性があります。

「刑法」
第233条(信用毀損及び業務妨害)
虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損し、又はその業務を妨害した者は、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。



もっとも、

 

b03 b03

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在16,897名

知らないと損をする助成金活用術

b03

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)