情報の記事一覧

2018年12月18日

パワハラに該当する具体的な行為とは?

企業で人事担当をしています。 先日ある社員から「○○さん(上司)からパワハラを受けました!」との相談を受けました。ハラスメントについて知識不足ということ... 続きを読む
2018年12月18日

パワハラの法制化についての具体案や取組とは?

パワハラについて、法制化される方向だという話が1年くらい前から出ていたかと思いますが、その後その話がどうなったのか、具体的進展があったのか、あるいは法制化... 続きを読む
2018年11月21日

有給の消化順序と半日単位有給への変更について(働き方改革関連法案対応)

中小企業の経営者です。年次有給休暇の取得義務化に向け、就業規則の改定を検討しています。 その中で次のような改定は可能でしょうか? ①有給の消化は新たに... 続きを読む
2018年11月20日

有給休暇の時効(取得期限)と付与される要件について(働き方改革関連法案対応)

働き方改革関連法案の順次施行に伴い、現行の就業規則を読み返していたところ、「年次有給休暇は付与した翌年度に限り繰越すことができる」となっていました。 そ... 続きを読む
2018年10月22日

働き方改革関連法案が規定する「労働者に対する待遇に関する説明義務の強化」の内容とは?

正社員と非正規社員との待遇格差について見直しが行なわれたことは理解しましたが、それ以外にも非正規社員に対し、待遇に関する説明をしなければならないと聞き... 続きを読む
2018年10月19日

働き方改革関連法案における「不合理な待遇差をなくすための規定の整備」の内容とは?

先般、成立した働き方改革関連法によると、労働時間に関する見直しだけでなく、正社員とパートタイマーのような非正規社員との待遇格差についても見直しが行なわ... 続きを読む
2018年10月15日

請求書を送ったのに入金されない!内容証明を送る前にやるべきことは?

請求書を送ったのに入金されない時の対処策として、ネット上ではよく「内容証明の送付をする」という解説が目立ちます。 しかし、リアルなビジネスは、そこまで単純なものでは... 続きを読む
2018年10月14日

個人事業主ビギナー必見!請求書には源泉徴収額を記載すべき?なしでもOK?

個人事業主やフリーランスとしてデビューされたばかりの方が戸惑いやすい「請求額と源泉徴収」の関係について解説します。 サラリーマンと個人事業主の所得税の仕組みは、根本... 続きを読む
2018年10月10日

入金処理をカットする必殺技「相殺取引」!請求書発行時の注意点は?

ビジネスをしていると、取引しているお客様から、こちら側がモノやサービスを購入することもあります。 そんな時、「相殺取引は可能か」といった相談がくることもありますが、... 続きを読む
2018年10月9日

請求書の理想的な作成発行方法はコレだ!仕事がデキる人は知っている!

請求書はビジネス文書の中でも、「入金に直結する」重要度が高いもの。 金額と内容さえ分かればよいというものではありません。 作成・送付時は、細かい配慮や相手への... 続きを読む
2018年10月8日

請求書は受け取ってからどれくらい保管すべき?入金漏れを防ぐ管理方法は?

会社や自営業をしていると、意外にスペースをとる請求書用のファイル。 「申告後、ほとんど使わないし、そろそろ捨ててもいいかな……」と何となく判断するのはNGです。 ... 続きを読む
2018年9月21日

割増賃金引上げ

働き方改革法案の成立により残業代の単価が引き上げられるということですが、いつからどの程度引き上げられるのでしょうか? 【この記事の著者】... 続きを読む
2018年9月20日

残業時間の上限規制

働き方改革法案の成立により残業時間について上限が設けられるそうですが、具体的な内容を教えて下さい。 【この記事の著者】 定政社会保険労務... 続きを読む
2018年8月23日

働き方改革関連法案が定める「勤務間インターバル」の内容とは?

平成30年6月29日に成立した「働き方改革関連法案」には、「勤務間インターバル」に関するものもあるということですが、具体的にはどのような内容になってい... 続きを読む
2018年8月22日

働き方改革関連法案で義務化される「労働時間の把握」に関する注意点とは?

最近「働き方改革関連法案」が成立したようですが、社員の労働時間を客観的に把握するよう企業に義務付けることになったと知りました。 しかし、もともと出勤... 続きを読む

 

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在16,986名

知らないと損をする助成金活用術

b03

b03

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

b03