情報の記事一覧

2019年3月12日

36協定の起算日と給与計算期間がずれていた場合の問題点とは?

2019年4月より、36協定の書式が変更されることに伴い、現状締結している協定を改めて確認したところ、1か月の起算日が「毎月1日」(1日~末日まで1か月)... 続きを読む
2019年3月12日

中途入社社員の残業単価の計算方法とは?

当社の給与支給日は、月末締め翌月25日払いです。 先日、月の途中に入社した社員から「残業代の計算が違うのではないか。残業単価も日割計算されていると思う」... 続きを読む
2019年2月7日

社員の給与の前借りは認めるべきか?

先日、採用したばかりの社員から、「給与の前借りをお願いできませんか?」と相談がありました。 当社の給与は、末締め翌月25日に支給しています。 前借りを... 続きを読む
2019年2月7日

社員の有給休暇の前借りは認めるべきか?

先日、採用したばかりの社員から、「有給を1日前借りできませんか?」と相談がありました。 このようなケースは初めてだったので、「確認します」と言って回答を... 続きを読む
2019年1月21日

「タワマン節税」を実行する前に!これだけは知っておきたい注意ポイント

【この記事の監修者】 讃良周泰税理士事務所 税理士 讃良 周泰 タワーマンション購入による相続税対策は、富裕層や高額所得者を中心によく利用されています。一般的な... 続きを読む
2019年1月21日

不動産の売却益の税金を圧縮する方法は?マイホーム売却時の3000万円控除など解説

【この記事の監修者】 讃良周泰税理士事務所 税理士 讃良 周泰 不動産の譲渡所得には、所得税や住民税などがかかります。 この譲渡所得にかかる税率は約20%また... 続きを読む
2019年1月21日

ターニングポイントを迎えた「ふるさと納税」。高額な返礼品に加えて一時所得の問題も

【この記事の監修者】 讃良周泰税理士事務所 税理士 讃良 周泰 節税対策の一環として「ふるさと納税」を利用してきた方も多いと思いますが、ここに来て総務省が高額な... 続きを読む
2019年1月21日

貧乏経営者がやりがちな節税対策の根本的な間違いとは?

【この記事の監修者】 讃良周泰税理士事務所 税理士 讃良 周泰 売上は伸びているし、節税対策もしている。 それにも係わらず、なぜか手元キャッシュに余裕がな... 続きを読む
2019年1月18日

会社でパワハラ相談を受けた場合の対応について

先日、ある社員から「パワハラを受けているので相談に乗ってほしい」と言われました。 これまで考えたこともありませんでしたが、このような場合の対応として適切... 続きを読む
2019年1月18日

一般企業における近年の「パワハラ事件」まとめ

ハラスメントの中でも、この1~2年は特にスポーツ界におけるパワハラの問題が大きくクローズアップされましたが、一般企業における最近のパワハラ事件があれば教え... 続きを読む
2018年12月18日

パワハラに該当する具体的な行為とは?

企業で人事担当をしています。 先日ある社員から「○○さん(上司)からパワハラを受けました!」との相談を受けました。ハラスメントについて知識不足ということ... 続きを読む
2018年12月18日

パワハラの法制化についての具体案や取組とは?

パワハラについて、法制化される方向だという話が1年くらい前から出ていたかと思いますが、その後その話がどうなったのか、具体的進展があったのか、あるいは法制化... 続きを読む
2018年11月21日

有給の消化順序と半日単位有給への変更について(働き方改革関連法案対応)

中小企業の経営者です。年次有給休暇の取得義務化に向け、就業規則の改定を検討しています。 その中で次のような改定は可能でしょうか? ①有給の消化は新たに... 続きを読む
2018年11月20日

有給休暇の時効(取得期限)と付与される要件について(働き方改革関連法案対応)

働き方改革関連法案の順次施行に伴い、現行の就業規則を読み返していたところ、「年次有給休暇は付与した翌年度に限り繰越すことができる」となっていました。 そ... 続きを読む
2018年10月22日

働き方改革関連法案が規定する「労働者に対する待遇に関する説明義務の強化」の内容とは?

正社員と非正規社員との待遇格差について見直しが行なわれたことは理解しましたが、それ以外にも非正規社員に対し、待遇に関する説明をしなければならないと聞き... 続きを読む

 

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在16,986名

知らないと損をする助成金活用術

b03

b03

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

b03