事務所を賃借する際に注意する法的ポイント

会社の事務所(オフィス)は、経営を進めるにあたり重要な本拠地です。 賃貸借契約により場所を借りている場合、賃料や更新料の問題、 更新期間や更新方法、禁止事項など十分に注意して契約する必要があります。 ・用法違反により貸主から契約解除を言い渡された ・抵当権が設定されていて、その実行により契約期間満了前に出ていかなければならなくなった このような事態になると、経営機能がストップし、多大な影響があります。 そこでここでは、経営者が事務所を賃借する際に、最低限 知っておくべき法的ポイントについて解説しています。
■事務所を賃借する際に注意する法的ポイントのサンプルはこちら
動画サンプル
【講座内容】  解説動画40分/テキスト(PDFダウンロード)
販売価格 5,800(税込)

特定商取引法に基づく表示

利用規約

 

 

ログインフォーム

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在21,341名

知らないと損をする助成金活用術

b03

b03

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

b03