契約書のひな形、内容証明郵便書式、労務書式、
会社法議事録・通知書のテンプレートが無料

 

遺留分減殺請求

無料ダウンロード
書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

この書式は、遺留分減殺請求のひな形です。

書式の一部抜粋(本文)

通 知 書
亡父は、令和○年○月○日付公正証書遺言により、長男の貴殿に対し、唯一の遺産である東京都○○区○○町○丁目○番○号所在の土地建物(以下「本件不動産」といいます。
)を相続させました。
しかし、私は、次男として、亡父の遺産のうち4分の1につき遺留分を有しています。
つきましては、私は上記遺言により遺留分を侵害されましたので、貴殿に対し、遺留分減殺の請求をしますので、本書面到達後1週間以内に、本件不動産につき所有権4分の1の移転登記手続をするよう催告します。
上記要求に応じない場合には、やむを得ず法的手続に移行することを念のため申し添えます。

東京都○○区○○町○丁目○番○号
○○○○ 殿
令和○年○月○日
東京都○○区○○町○丁目○番○号
通知人 ○○○○      ○印

書式内で注意すべきポイント

注1 本通知書は、遺留分を侵害された相続人から遺留分減殺請求をする際の文例である。
注2 どのよう遺産分割により遺留分が侵害されているかを明記する。
   また、問題となる遺言は作成日時等により特定する。
注3 対象となる財産を特定する
注4 繰り返し用いる言葉には略語を設定する。
注5 期限は忘れずに設定する。
注6 ・・・・・
注7 ・・・・・


プレミアム書式&動画解説

新着記事

2022年01月19日

法改正による私傷病休職や退職者について留意すべき事項

最近、私傷病で休職する社員が増え、その中には休職期間満了後も復職できずに退職する者もいます。 そのため傷病手当金の申請を行ったり、任意継続被保...
2022年01月19日

マルチジョブホルダーの適用者が出た場合

当社で雇用している66歳のパートタイマーから、「私は雇用保険のマルチジョブホルダーに該当するので、手続きについて協力して下さい」と申し出がありま...
2022年01月19日

創業融資で資金調達するメリット・デメリットを種類ごとに解説

会社を運営する上で、絶対に欠かせないのが事業運転資金の確保です。 経営が軌道に乗っていれば、金融機関からお金を借りやすいですが、創業時は売上実績が...