普通解雇の通知




※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

この書式は、普通解雇の通知のひな形です。


書式の一部抜粋(本文)

通 知 書
当社は、貴殿を当社○○支店○○部勤務として雇用しておりますが、貴殿は平成○年○月頃から長期にわたり無断欠勤を繰り返し、現在も当社の出勤催告にも応じないで○日間無断欠勤するなど、勤務状況が著しく不良です。
よって、平成○年○月○日をもって、当社就業規則第○条第○号に基づき貴殿を解雇することに致しましたので、その旨、本書面により通知致します。

東京都○○区○○町○丁目○番○号
○○○○ 殿
平成○年○月○日
東京都○○区○○町○丁目○番○号
通知人 ○○株式会社     
代表取締役○○       ○印


書式内で注意すべきポイント

注1 本通知書は、無断欠勤を理由に従業員を普通解雇する際の文例である。
注2 解雇は客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合には、その権利を濫用したものとして無効となる(労働契約法16条)。そのため、従業員を解雇しようとする会社は、上記条件を満たすような従業員の勤務状況・営業成績の著しい不良を指摘する必要がある。
   今回は無断欠勤を理由とする解雇であるから、無断欠勤の具体的事実を記載する。
注3 使用者が労働者を解雇するためには、天災事変その他やむを得ない事由のために事業の継続が不可能となった場合又は労働者の責に帰すべき事由に基づいて解雇する場合を除き、30日前の予告又は30日分以上の平均賃金を支払わなければならない(労働基準法20条)。
注4 解雇の日付は特定する。
注5 解雇の根拠規定を明記する。
注6 処分の具体的内容を記載する。
注7 ・・・・・
注8 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



 


 


新着記事

2019年3月12日

36協定の起算日と給与計算期間がずれていた場合の問題点とは?

2019年4月より、36協定の書式が変更されることに伴い、現状締結している協定を改めて確認したところ、1か月の起算日が「毎月1日」(1日~末日まで1か月)... 続きを読む
2019年3月12日

中途入社社員の残業単価の計算方法とは?

当社の給与支給日は、月末締め翌月25日払いです。 先日、月の途中に入社した社員から「残業代の計算が違うのではないか。残業単価も日割計算されていると思う」... 続きを読む
2019年2月7日

社員の給与の前借りは認めるべきか?

先日、採用したばかりの社員から、「給与の前借りをお願いできませんか?」と相談がありました。 当社の給与は、末締め翌月25日に支給しています。 前借りを... 続きを読む

 

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在16,986名

知らないと損をする助成金活用術

b03

b03

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

b03