普通解雇の通知




※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

この書式は、普通解雇の通知のひな形です。


書式の一部抜粋(本文)

通 知 書
当社は、貴殿を当社○○支店○○部勤務として雇用しておりますが、貴殿は平成○年○月頃から長期にわたり無断欠勤を繰り返し、現在も当社の出勤催告にも応じないで○日間無断欠勤するなど、勤務状況が著しく不良です。
よって、平成○年○月○日をもって、当社就業規則第○条第○号に基づき貴殿を解雇することに致しましたので、その旨、本書面により通知致します。

東京都○○区○○町○丁目○番○号
○○○○ 殿
平成○年○月○日
東京都○○区○○町○丁目○番○号
通知人 ○○株式会社     
代表取締役○○       ○印


書式内で注意すべきポイント

注1 本通知書は、無断欠勤を理由に従業員を普通解雇する際の文例である。
注2 解雇は客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合には、その権利を濫用したものとして無効となる(労働契約法16条)。そのため、従業員を解雇しようとする会社は、上記条件を満たすような従業員の勤務状況・営業成績の著しい不良を指摘する必要がある。
   今回は無断欠勤を理由とする解雇であるから、無断欠勤の具体的事実を記載する。
注3 使用者が労働者を解雇するためには、天災事変その他やむを得ない事由のために事業の継続が不可能となった場合又は労働者の責に帰すべき事由に基づいて解雇する場合を除き、30日前の予告又は30日分以上の平均賃金を支払わなければならない(労働基準法20条)。
注4 解雇の日付は特定する。
注5 解雇の根拠規定を明記する。
注6 処分の具体的内容を記載する。
注7 ・・・・・
注8 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



 



 



新着記事

2019年9月11日

派遣労働者の「同一労働同一賃金」対応で「労使協定方式」を採用する際の通勤手当の取扱いでの注意点とは?

派遣労働者の同一労働同一賃金対応について、当社では「労使協定方式」を採用する方針です。 通勤手当の取扱いについてはどのようになるのでしょうか? ... 続きを読む
2019年9月11日

派遣労働者の「同一労働同一賃金」対応で「労使協定方式」を採用する際の賃金の決定方法での注意点とは?

派遣労働者の同一労働同一賃金対応について、当社では「労使協定方式」を採用する方針です。 特に賃金の決定方法に留意しなければならないようですが、それはどの... 続きを読む
2019年8月19日

派遣労働者の「同一労働同一賃金」対応における「派遣先均等・均衡方式」と「労使協定方式」の違いとは?

派遣会社として、派遣社員の同一労働同一賃金対応が必要なことは理解しました。 では、いずれかの方式を採用するよう派遣元事業主に義務付けられた2つの方式とは... 続きを読む

 

 

ログインフォーム

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在21,341名

知らないと損をする助成金活用術

b03

b03

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

b03