商品券の使用提携契約書




※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

書式の一部抜粋(本文)

商品券の使用提携契約書

甲株式会社(以下「甲」という。)と乙株式会社(以下「乙」という。)は、乙の経営に係る〇〇ホテル内で観客が宿泊、飲食、物品購入等をしたことによる代金を、甲の発行する商品券(以下単に「商品券」という。)により決済すること及び商品券の回収にかかわる業務について次のとおり契約を締結する。

第一条 甲は、〇〇ホテルにおいて顧客がした宿泊、飲食、物品購入(たばこ、郵便はがき、切手及び収入印紙を除く。)等の代金を甲の発行する商品券により決済する業務を乙に依頼し、乙はこれを承諾する。ただし乙が顧客から受け取る商品券は上記利用代金以内とし、乙は顧客に釣銭を出さない。
第二条 商品券の様式は、別添の照合用見本の通りとする。
第三条 契約期間は平成〇年〇月〇日より平成〇年〇月〇日までの一年間とする。ただし、甲又は乙が契約期間満了三カ月前までに各相手方に対し契約更新について別段の意思表示をしない場合、本契約は契約期間満了の翌日よりさらに一年間、継続延長するものとし、その後についても同様とする。
第四条 乙は、顧客から代金決済の為に商品券を受け取る場合には金額その他商品券の記載事項を点検のうえ照合用見本に照らしその相違ないことを確認し、受領する。
第五条 乙は回収した商品券を善良なる管理者の注意をもって保管する。


書式内で注意すべきポイント

(注1)・・・・・
プレミアム書式&動画解説



 


 


新着記事

2018年5月25日

消費税の軽減税率の対象範囲・経過措置・補助金について

消費税の8%から10%への引き上げが2019(平成31)年に予定されていますが、軽減税率について、その対象範囲や経過措置などについて教えてください。 ... 続きを読む
2018年5月23日

会社に人材を紹介した社員に対して紹介料を支払う際の注意点とは?

最近の採用難、人手不足は当社の経営活動にも影響を及ぼすようになってきており、広告費をかけて人材募集するだけでなく、当社社員の紹介による採用も検討し... 続きを読む
2018年5月18日

減損回避のために行なわれた不正会計処理事例

経営者にとっては「減損処理」は避けたいものだと思いますが、減損に関係して行なわれた不正会計事例があれば教えてください。 【この記事の著者】 ... 続きを読む

 

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在16,986名

知らないと損をする助成金活用術

b03

b03

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

b03